FC2ブログ

消費税

今年の10月から消費税率が上がり、10%になりそうです。

日本はこれから少子高齢化の現象が進み、福祉関連費が益々増えることでしょう。

その為の消費税アップと言われます。


日本は今回上がっても10%ですが、福祉大国といわれるフィンランドやスエーデンの消費税は25%です。

25%は高いですが不満を言う国民は少ないようです。

それは老後の心配がないからと言われています。

以前にフィンランドとスエーデンを訪問して障害者や老人の福祉施設を回った時、その施設・設備とシステムの充実振りに驚かさせました。


フィンランドの男性と結婚した日本の女性が驚いていました。

フィンランドでは子供は親の老後の面倒を看るという考えがないと言うのです。

国が年老いた親達の面倒を手厚く看てくれるので、子供達が介護する事がないのです。

日本のように、親の介護のために会社を辞め、人付き合いもやめ、孤独の中、費用的にも精神的にも辛い思いをすることがないのです。


私の子供達もそろそろ親の私達の心配をしているかもしれません。

子供達に私達の介護などで迷惑を掛けたくない。

親なら皆思うことでしょう。


高い消費税の見合う国民生活の幸福。

これが見えれば25%の高い消費税も納得します。

老後の心配がなければ、現役世代は老後のために無駄にお金を貯めず、生活を楽しめます。


ただ、フィンランドにしてもスエーデンにしても税金を使った福祉サービスに対する監視体制はしっかりしています。

ある介護施設では、約10の機関が監査に入ってくるそうです。

国関連、市関連、福祉団体関連、民間団体関連等が入って来て、施設側は対応が大変だと言っていました。

無駄に税金は使われていないか。

適切な介護は受けているか。

介護を受ける人達やその家族達からも聞き取りをするそうです。


税金を徴収されても、日本人が不満に思っていることの1つに、「適正に税金が使われているか」という疑問です。

ここが今後消費税を上げて行く時のポイントになると思います。
スポンサーサイト

夢と希望の持てる言葉

毎週日曜日5時30分からのテレビ番組「笑点」はよく見ています。

特に大喜利は面白いですね。

ただ時々円楽さんが語る政治風刺。

政治家が悪いことをしたことを面白く話します。

少し気になります。

また、「相棒」というドラマも好きですが、そこにも警察官僚を悪い階級のように描かれる場面が出てきます。

テレビの影響は大きいです。

特に子供達の心に深く刻まれます。


私は中学生・高校生の時、先生達が折に触れて金持の批判をしていました。

その為、「金持ちは悪いことをして金儲けをしている」という印象が子供心に残りました。

ある時、父に向かって「金儲けは悪い」ようなことを言って父を怒らせたことがあります。

父は真面目に一生懸命頑張って事業を発展させていました。

勿論、結果お金も入ってきました。

決して悪いことをして稼いだのではありません。


同じように真面目に政治をしている人もいます。

官僚となり頑張って国を支えている人もいます。

そうでなければ日本という国はとうの昔に崩壊しています。

そのことは子供達には分かりません。

テレビで見たり聞いたりしたことが本当のことのように思ってしまいます。

これは怖いことです。

将来の仕事として、政治家や官僚、経営者になろうという気持ちが生まれません。


私達はもうそろそろ、自虐的な言葉をやめ、希望の持てる言葉を発していかなければなりません。

マスコミも一部の悪い人だけを指摘して、その分野の全てを語るような論調も考えるべきです。

夢と希望の持てる言葉を発する。

それが大人の責任であり、務めだと考えます。

弱者のズルさ

この世の中には多くの強者と弱者がいます。

強者も時には弱者になり、弱者が強者になることもあります。

強者と弱者とは

健常者と障害者、大人と子供、男と女、社長と社員、先生と生徒などいろいろあります。

世論は概して弱者に有利な論調になりがちです。


先日テレビで生徒を殴る先生の姿が流れました。

暴力先生としてマスコミから叩かれています。

しかし、考えてみると誰かが事前に準備して、その殴る様子をスマホで撮影していたのです。

なぜそんなことが出来たのか。

疑問に思います。

生徒達に仕組まれた悪質な行為だったのかもしれません。

しかし一般的に強者の先生の横暴として捉えられがちです。

そこには弱者のズルさがあります。


車と自転車という関係もあります。

今朝、雪道の車道を自転車が走っていました。

自転車は冬用タイヤをはいてはいますから決して違反行為ではありません。

しかし狭く滑る雪道で運転するドライバーにとっては、自転車にぶつけないように注意深く運転しなければなりません。

ぶつければ強者の車の責任が大になります。

弱者と言われる自転車も注意して自転車に乗っているのでしょうが、「ぶつけるお前の方が悪い」というように大胆に自転車に乗っています。

「ドライバーの注意深い運転によって自分は守られている」ということを自転車側は認識するべきでないでしょうか。


弱者が弱者の立場を逆手にしたような行為をよく見かけます。

でも指摘されない。

違和感を感じます。

怖い親父

私の子供が小さい頃、私は怖いお父さんでした。

俗に言うカミナリ親父でした。

子供を叩いたりはしませんが、約束が守れないとか挨拶が出来ない時はしっかり怒りました。


先日妻が話してくれたことがあります。

子供達が学生の時、色々アルバイトをしました。

その時に仕事を通して世の中のことを知ったようです。

その中でも面白いのは「お父さんはとてもやかましかったけれど、世の中にはもっとすごい人がいる」と言っていたそうです。

今は5人の子供達は皆、社会人として生活しています。

ハードな仕事や厄介な上司。

それに耐えているようですが、私に鍛えられたのが良かったのでしょうか。

そんな話を妻から聞いて私は少し「ニンマリ」しています。

グルメとグルマン

人は食べることが大好きです。

テレビでもグルメ番組が多くあるのもその為でしょう。

「あの人はグルメだね」という言葉が出てきます。

一方、あまり言葉として出てきませんが「グルマン」という言葉もあります。

その違いは「グルメ」は美食家であり、グルマンは食道楽と分けられます。


料理を食べてみて、素材やその作り方の違いが分かる人がグルメ。

グルマンは美味しい料理を探して食事を楽しむ人です。


料理を仕事としている人はグルメでなければならないでしょう。

厳選された素材の味とその違いが分かり調理にもこだわりがあります。

ワインなどのお酒に関しても微妙な違いが分かります。


しかし私達のように食事を楽しみたい人には「グルメ」は必要ありません。

食事を楽しむ食道楽として「グルマン」でいいのです。


時に顔をしかめながら食事をしている人を見ます。

どの産の肉を使い、油は何を使い、添え物の野菜は有機なのか?

出汁はどこ産の昆布を使っているのか?

そんなことを考えて食べても美味しくありません。

そこそこ美味しければ「美味しいね。美味しいね!」と話しながら食べる方がいいに決まっています。


浅草で有名な天丼屋で食べる天丼も旨いけれど、「てんや」で食べる500円の天丼も美味しい。

1人1万円の寿司屋の寿司も旨いけれど、回転寿司「トリトン」の寿司も美味しい。


食べることの喜び。

それを感じられる今に幸せを感じます。

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる