FC2ブログ

ネバーギブアップ

今、新型コロナウイルスのため、多くの業界の経営者達は苦しんでいます。
先行きが見えない中で、どのように対応したら良いかも分からない。
過去の経験を生かすことも出来ません。
店を開いていても、お客様は来ず、経費ばかりかかってしまう。
これ以上の出血を防ぐため、断腸の思いで店を閉じてしまうところも増えてきました。

先が見えない今、店を閉じるのがいいのか!
何とか工夫を考え、店を存続させるのがいいのか!
今、どうしたらいいのかを明確に示すことの出来る人はいないと思います。
ただコロナ後、生き残った店が競争相手の少なくなった環境で業績を伸ばすだろうことは想像出来ます。

となれば、どうしたら生き残れるのかを考える。
これが大事です。

新型コロナウイルスのワクチンが完成し、来年度の前半には日本人にも接種出来るようです。
そうすれば、コロナ騒動も落ち着くかもしれません。
そこまで頑張ってみる。
それも1つの方法です。
今は生き残ることを第一に考えることが重要だと思います。

「異常は長続きしない!」
これはバブル経済を経験した者として言えることです。
バブルの中にいると、いつまでも続くと思って好景気。
しかし、あのバブルは異常なことだったのです。
今回のコロナ騒動も異常のことです。
「異常なことは長続きしない」
それを信じましょう!


アメリカのトランプ大統領。
この人に対して、好き嫌いは有るでしょう。
アメリカ大統領選投票の結果、負けがほとんど決まっているのにもかかわらず、まだ負けを認めていません。
万が一にも結果がひっくり返ることは無いと思いますが、彼はまだあきらめていません。

トランプ大統領は過去には不動産王と言われていました。
色々な分野にも手を広げ、事業を拡大しました。
しかしその中で何度も、倒産を繰り返していました。
もう再起出来ないだろうと思われていた中から、何度も蘇ってきました。

トランプ大統領の生き様を見ると「ネバーギブアップ」そのものです。
今回の選挙に対しても、結果をひっくり返すのにどのような方策があるのか。
どのようなことを考えているか想像もつきません。
でも彼は諦めません。
この執念とも思われるこの人独特の「ネバーギブアップ」の精神は普通の人にはなかなか真似出来ません。
でも、逆境の中、孤立無援状態でも心が折れない「ネバーギブアップ」の精神。

そんな精神をもつ人がこの世にいるんだと思うと、感心してしまいます。
トランプ大統領とは遣り方も、考え方も見習いたいとは思いませんが、この「ネバーギブアップ」の精神だけは見習いたいと思います。
今の逆境の時こそ、この「ネバーギブアップ」の強い思いが必要なのではないでしょうか。

スポンサーサイト



自由からの逃走

最近、日本では新型インフルエンザも大分落ち着いてきたようです。

それでも蔓延を防ぐための方策がいろいろ考えられています。

その1つに「法的拘束力」が注目されています。


新型インフルエンザ感染を防ぐためのルールに従わない人がいるのは確かです。

今朝の新聞に、飛行機内でマスクをするというルールに従わず、飛行機から下ろされた人がいたという記事がありました。

その人には「マスクをしないという自由」は有りますが、密閉された飛行この中では、他の人の不安に対する思いやりというもの必要でしょう。

ルールに従わない人に対して、ルールに強制力を持たせる「法的拘束力」が必要だという声が多くあります。

ただこの「法的拘束力」に一旦頼ると、簡単に人の自由が制限されます。

もしかすると、その方が「管理する側」も「される側」も楽なのかも知れません。

考え、判断する必要がなくなるからです。


社会心理学者エーリッヒ・フロムが言った言葉に「自由からの逃走」というものがあります。自由でいる責任に耐えかねて逃げ出したくなる心理。

その心理こそが全体主義を起こし、ドイツにナチスを生み出しました。

今の中国の共産党独裁体制もそうなのかも知れません。

新型インフルエンザを機に、世界中に「自由からの逃走」の機運が高まり、全体主義的風潮が生まれる。

そんな不安な気持ちになっています。

多角的思考

今朝の日経新聞の「春秋」に書いてあったこと。

物事を見て判断する時、「批判的思考」が大切だと書いてありました。

物事を批判的に見る事で別の面が見えてくると言います。

確かにそれもあるでしょう。

しかし私はそれに対して同調できません。

見るべき見方とすれば「多角的思考」こそが大切だと考えます。

「批判的思考」だと批判的という観点に捉われすぎます。

多角的に見てこそ、その本質にたどり着ける事ができます。


経営者にとって「多角的思考」はとても大切な経営資質です。

一方的な思いつきや思入れは判断を狂わせます。

多くの情報が飛び交うこの世の中、特に心しなければならない事だと考えます。

交差点にて

我が家近くの交差点でのこと。

ある日、我が家の近くの保育園の子供達が、保育士さん達に連れられて散歩。

散歩の帰りにその交差点に来ました。

渡る方の信号は青でしたが、保育士さん達は渡りません。

しばらく経つと、その信号の青が赤になり、再び青になった時、子供達を連れて渡り出しました。

青信号を1つやり過ごしたのは、安全に渡るための方法だったのでしょう。


同じ交差点で、足が悪そうで、ゆっくりにしか歩けないお年寄りが歩いてきました。

信号の青が点滅しそうなので、止まるかと思ったのですが渡り出しました。

案の定、道路の真ん中あたりで信号は赤。

そのお年寄りはゆっくりにしか歩けません。

彼は彼のために止まっている車の方を気にする様子もなく、悠然と歩いて行きました。


子供連れのお母さん。

青信号が点滅しているのに、子供の手を引っ張って、走って渡って行きました。


交差点に立っていると、色々な人の渡り方を見て考えさせられます。

私も交差点を渡る時は気を付けています。

レジ袋

7月1日今日からコンビニもレジ袋の有料化が始まります。

スーパーなどは以前から有料化になっていました。

ただ、この有料化について少し疑問に思うことがあります。

環境のためという名目でレジ袋の使用を制限するのが目的なのでしょう。


レジ袋が海に流れてウミガメがクラゲと間違えて食べて死ぬとか、マイクロプラスチックになって魚が食べるとか言われています。

でも疑問に思うのは、日本では普段、レジ袋は使い終わればゴミ収集日に出します。

それであれば海に流れることはありません。

海に流れていくのは海や川に捨てる人がいるせいでしょう。

それならば、むやみに捨てないように呼びかければ良いことです。

捨てられるのはレジ袋ばかりではありません。

プラスチックトレーもそうです。

プラスチックトレーの方が圧倒的に数は多いはず。

この対策の話は中々出て来ません。


確かに、現代は使い捨てのプラスチック製品が多いことは確かです。

少し不便でも、環境を保持するために自分たちの生活を見直すのは大切なことです。

昔のようにガラスや壺、経木を使うことは難しいでしょうが。


先日、東急ハンズでレジ袋に代わる「マイバック」を買いました。

縦・横・厚が5.5㎝×4㎝×3㎝の小ささです。

私は今日からこれを使います。

sIMG_2973.jpg
文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる