楽しい生き方

昨夜、知人が出るバンドのライブを聞きに行ってきました。

ライブハウスは20人程しか入らない狭さですが、ほぼ満席の状態で始まりました。

私の同級生ですから61歳。バンドメンバーでは年齢として彼が一番上で、その他に40代50代の人達7人構成です。

曲は「昭和歌謡」と謳って懐かしい歌が10曲ほど続きました。


私の知人は大手旅行会社の取締役を定年で辞め、今は音楽を生きがいにして活動しています。

高校時代はフォークバンドを結成し、ラストライブでは札幌市民会館をいっぱいにしました。

大学時代に尺八を始め、今ではプロ並みの腕前です。

また10年以上前から、仕事の合間を縫ってウッドベースを始めました。

これもメキメキ腕を上げ、旅行会社に在籍中から、週末はジャズバーでベースを引いていました。


彼は定年前から定年後は音楽に没頭すると宣言し、定年を楽しみにしていました。今はその通り音楽漬けです。


昨日のライブには彼の奥さんも来ていました。

奥さんとも話をしましたが、その時の話がまたいいのです。

「毎日私は幸せです。彼が練習といって午前中は尺八、ギター、ベースを演奏してくれるんです」と嬉しそうに話をしてくれました。

彼にはこんな大ファンがそばにいて応援してくれているのだからこそ、人生を謳歌出来るんだと感じ入りました。

自分の夢を共有してくれる人がいてこそ、大きく育つのです。


この7人のバンドメンバーは、大手ゼネコンの設計部長のピアニスト、英語とフランス語の教師のドラマー等現役の仕事を持ちながら音楽活動をして人達です。

本来するべき自分の仕事をこなしながら、自分の趣味を生かす生き方をしています。


外国の大企業の経営者や政治家の中には、趣味でピアノやバイオリンなどを上手に弾く人が多いと聞きます。

また昔の日本の経営者の中にも小唄、長唄、能、茶等に造詣が深い人もいました。

「仕事+〇〇」と仕事以外に何かを持っている人は、人間的な魅力があります。奥行きのある人の様に思います。

定年後の生き方についてはボランティアという生き方も、起業という生き方もあります。

趣味に没頭し生きるのもいいのかもしれません。

このバンドの様に有料で演奏会をすれば、それなりの収入も入ります。


久しぶりに生バンドを聞いて楽しい夜でした。

ライブ風景
スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

言葉の意味

昨夜、テレビを見ていたら、字を書くのクイズがありました。

その中で叫ぶという字が出題されました。

この「叫ぶ」という字を良く見ると、「1」を抜くと「叶う」という時になります。

何か関連があるのでしょうか?


昔の歌の詞に「『若い』ていう字は『苦しい』ていう字に似ているわ・・・・・」というのがありました。

こじ付けなのでしょうが、結構流行った歌でした。


漢字にはそれぞれ語源があります。

それとは別に、こじ付けであっても、納得出来る解釈もあります。


ご存じの人も多いと思いますが、これも昔に聞いた話を紹介します。

親という字は「木の上に立って見る」と書きます。

即ち、「べったりと子供の傍にくっ付いて、箸の上げ下げまでうるさく言わないようにして、少し離れて自主性をもたせるようにする。
万が一の為に木の上から身守っている。」という親への諌めを意味しています。

「成程」と理解しました。


このような言葉の解釈は沢山あるでしょう。

漢字に興味を持って、それらの言葉の意味を探すのも面白いのかもしれません。

それだけで1冊の本が出来るかもしれません。


最後にもう一つ。

これも昔ある飲み屋のお婆さんに聞いた言葉です。

「嬶(かかあ)」とは奥さんや母親を呼ぶ時に使われました。

今はほとんど使われません。

この意味するところは、そのお婆さんが言うに「女は若い頃は可愛いと思っていても、年をとるとともに『鼻につく』ようになる。そうなると『嬶』と呼ばれるんだよ」ということです。

確かに、女性は母親になれば逞しくなり、力のない旦那なら強くならざるを得ないでしょう。

少し女性を蔑視している意味合いが含まれています。


幸せなことに、今のところ私の妻は「嬶」にはなっていないようです。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プライド

昨日は5月1日でした。

毎月の事ですが1日(ついたち)は琴似神社と北海道神宮にお参りに行くことにしています。

お参りして思うのですが、神様の前だと「素直」な気持ちになれます。

手を合わせながら、素直に「ありがとうございました」というお礼を述べます。

そして自分の心を見通して、わかっていたければという気持ちになります。


Something Great(サムシング・グレイト)の前では素直になれます。

お寺に行くと仏様の前でも同じでしょう。


そうすると、毎朝、神棚の前でお参りをする時も、素直になれる時なのかも知れません。

生活の中で素直になれる「時」をもつことは大切だと思います。


昔、「敷居をまたげば、男には7人の敵が居る」と言われました。

その為、人は自分の身を守ろうとします。

その1つの武器が「プライド」ではないでしょうか。

それがあることで、「負けないぞ」という競争心が生まれ、より良くなろうという向上心の元になります。

ただ、「プライド」は自己成長にとって欠かせない要素の1つですが、一方、人の話を「素直」に聞けない要因の1つでもあります。

時としてその「プライド」を捨てることも必要です。

その「プライド」を捨てることができるのが、神仏の前なのかと思います。

神仏の前なら「プライド」を捨てて「素直」になれるのです

「素直」は自己成長の重要な要素です。

「プライド」を持つこと以上に人間としての成長に必要なのです。


勿論、人それぞれですから、神社にお参りに行かなくてもいいのです。

でも、「素直な心」を意識できる機会を、自分の生活の中に多く持つことは、自己成長のための「環境作り」なのだと思います。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

心の余裕

先日テレビを見ていたら、日本テレビ恒例のチャリティ番組「24時間テレビ」の今年のマラソンランナーに徳光和夫さんが決まったとありました。

今年は大震災の後なのでまた寄付金も多く集まることでしょう。


人は何か災害などがあると支援・応援しようと立ち上がります。

そのことはとてもいいことなのですが、もっと日常的に生活の中にいる不自由な人を助ける行為は、もっとあってもいいのかと思います。

私はユニバーサルデザインの団体の活動に参加しています。

その活動の中で思うことは、あまり「福祉!福祉!」と大上段に構えて取りかかることよりも、日常生活の中で自分が出来ることをすだけで、住みやすい社会になっていきそうな気がします。


電車の中でお年寄りや体の不自由な人に席を譲る時も、自然としている人がいます。

私が電車に乗っている時、若い男性が友達と席に座って、話をしていました。

ある駅でお年寄りが乗ってきました。

するとその1人が友人と話をしながら、本当に自然に「どうぞ」と言って立ち上がり、そのまま話を続けています。

席を譲ったという意識を持たせないほどの自然な仕草でした。


冬の雪道、滑る歩道、それも坂になって登れないお年寄りに、自然に手を貸してあげる若者。

決して、特別なことではありませんが、全てが自然に日常的に出来る「心の余裕」を感じます。


昨日も紹介しました城山三郎さんの文章にもそのような情景が書かれていました。

城山さんが電車を待って駅のベンチに座っていると、隣に50歳前後のがっちりした体格の男性と、その母親らしき人がいました。

その前を盲目の夫婦が盲導犬を連れて歩いていました。

2人そろってトイレに向かったのですが、そこには「清掃中」の札が出ていました。

その時となりの男性が立ち上がり、駆け寄って事情を話したのですが、夫婦は困惑してしまいます。

その男性は意を決したようにトイレの中に行き、清掃作業員に話を付け、2人を案内しました。

段差があるので、その段数まで教えて戻ってきました。

戻ってきた男性は母親に「目が見えるんだから、できることはしなくちゃね」

うなずく母親になお照れくさそうに「こんなことぐらいしか、出来ないんだ」とつぶやく。

城山さんは「私は拍手をしたかった。これまた心をこめた拍手、熱い拍手を」と書いています。


日常出来る、人への優しさ。それをするにも最初は勇気がいります。

それが自然に出来、そのような人が多くなれば「福祉!福祉!」ということも少なくなるのではないでしょうか。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

善意と優しさの連鎖

昨日本棚の横に誰かが置いたか季節外れの本がありました。

それは「34丁目の奇跡」というサンタクロースと称した人の物語。

雪も無くなり、やっと春が来たのにいまさらサンタクロースでまあるまいと思ったのですが、薄い本なのでアッという間に読んでしまいました。


この本は既に読まれた方も多いかと思います。

60年以上前に、ニューヨーク34丁目のデパートを舞台にし、世界中に感動させた映画のもとになった本です。

そのあらすじは、ある老人ホームにクリスという名の、自分をサンタクロースと信じている老人が主人公です。

アルバイトで始めたデパートのサンタクロース役が本当のサンタクロースの様で大評判を呼び、人々の優しさを引き出し、奇跡を起こす物語です。

アルバイト先であるメイシ―百貨店で、子供やお母さん達からプレゼントの相談を受けた時、メイシー百貨店にない物は、例えライバルであるギンベル百貨店でも教えてしまう。

なぜだかクリスは、おもちゃはどこにあるかがすべて分かっているのです。

その行為が問題になりそうな時、お母さん達からライバル会社であるにもかかわらずお客様のために情報を提供してくれるという「本物のクリスマス精神ですわ!」という多くのお礼のメッセージが届けられました。

そのお客様のためならライバル百貨店の商品でも紹介するという行為が、新聞で評価され、メイシ―百貨店社長は喜びます。

また、そのライバルであるギンベル百貨店の社長は「メイシー百貨店は今やモテモテだ。お客様第一の親切な店ということでね! すると、うちのイメージはどうなる? 儲け第一のがめつい店だ! 負けてはおれん! 今後は、お客様のご希望の品が切れていたら、メイシ―百貨店にお出で下さいと申し上げろ!」とはっぱをかけます。

親切の連鎖の始まりです。それが新聞・雑誌、コメディアンのネタにまで取り上げられます。

ライバル関係である宝飾店のティファニーとカルチェの間でも同じような現象が起きます。

人の「善意や優しさの連鎖」が奇跡を起こす物語です。

この本の最後は、この主人公はサンタクロースを称したため、精神異常者にとして裁判にかけられますが・・・


3月11日起きた大災害に日本中、世界中の人が救援の手を差し伸べています。

そしてそこにも同じような「善意と優しさの連鎖」が起きています。

結果、きっと日本でも奇跡が起きるのでしょう。そう信じます。


この本は季節外れの本でしたが、私には的を得た、考えさせられる本でした。

テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる