街の歩道にベンチを

Father's  Chair
昨日札幌市西区の土木センターに行ってきました。

私が住み、仕事をしている琴似の街の歩道にベンチを置くことについて相談に行きました。

ベンチを置きたい理由があります。


以前にもブログで書きましたが私の父は昨年11月に亡くなりました。

93歳でしたが、亡くなる6カ月前までは毎日会社に行きました。

行きましたというより行かせました。仕事好きの父が元気でいる為にです。

普段は車で送り迎えしました。

休みの日は父と母と私共夫婦が付いて会社近くのホテルヤマチまでコーヒーを飲みに歩きます。

歩くのは健康の為です。

歩く距離はそれほどはなく、私が普通に歩いて10分かかりません。

でも父があるくと30分位かかります。

ゆっくり歩くのと、途中休み休み歩くためです。

その時気付いたのは街の中に休む場所がないのです。

仕方がなく、人の家の花壇やスーパーの裏階段等に座って休みます。

ベンチがあってもいいのに1つもないのです。

その頃から「この街にベンチを置きたい」と思うようになりました。

父が亡くなって、今改めてなって「街にベンチを置く」ことを考えています。


最初はホテルヤマチの前の歩道に置きたいと思っています。

ベンチの形も名前も決めました。


そんな思いで土木センターを訪ねたのですが、簡単に「ダメです」の一言で終わりです。

何か出来る方法が無いかを聞いても「ありません」しか返ってきません。


琴似の街の歩道幅は3m以上あり、その上ロードヒーティングされています。

それほど邪魔になることはないと思います。

視覚障害の方に聞いたことがありますが、上からぶら下がっているのは怖いけれど、下にあるモノは杖で分かるのでそれほど問題は無いと聞いたことがあります。


街にベンチがあると、そこに座りお話が出来ます。高齢者や妊婦の人達も休むことが出来ます。

街の中に居る人の滞留時間が長くなります。

そうすると商店街にとっても活気が出てきます。優しい街づくりになります。


そのような話をしても無駄でした。

でも何とかして街の中にベンチを置くことが出来る方法を考えたいと思います。

どなたかの街でその実例があるというようなお話がありましたら、ぜひ教えてください。

これからしばらく戦略を練ってみます。


スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

カーリング体験会

昨日カーリングを体験してきました。

私が属している「新現役ネット北海道エリアグループ」が企画し実施しました。

8名の方が集まり、カーリングの1チームが4名ですのでちょうど2チームが出来る数でした。

2時間ほどの時間でしたが、普段使わない筋肉を使うものですから結構きつかったです。

特に体の固い私は前かがみになってストーンを離す姿勢が辛かったです。


カーリングの始まる前に、準備として係員が氷面の処理をします。

それは大きな霧吹きのようなモノで霧状の水を撒き、氷面に氷の粒を作ります。

その処理をすることで氷の滑りが全然違います。


氷の上に出る時は片足の靴の底にスライダーという滑るカバーを付けます。

カーリング専門の靴には片足はスライダーになっていますが、体験者には特別にスニーカーに被せるカバーが用意されています。

このスライダーがある為にストーンを投げる時、ストーンと一緒に滑ることができるのです。

スライダーは右利きの人は左足に履きます。


このスライダーを付けて歩くだけでも大変。

使われてないい筋肉に力が入って、リンクを1周するだけで脚が突っ張ってきました。

その後ストーンを投げる姿勢の練習、実際にストーンを投げる練習、ミニゲームまで体験しました。

そのミニゲームの中で点数の数え方も学びました。

以前に机上で教えてもらったことはありますが、実際にゲームを体験すると一発でわかります。


「ゲームをした」と書きましたが、実際のゲームは40メートルも長い先にあるハウスという丸い輪まで投げるのですが、私たちはとても届きませんので10メートル位の距離でしました。

10メートルでも思うようなところに投げれませんし、止まりません。

体験して初めて、40メートル先の数センチ単位のポイントに止める技術の高さを認識しました。


この体験会の間中、ズーと北海道カーリング協会の指導員が付いて教えてくれます。

このカーリング体験は札幌では美香保体育館で土曜日の18時から行われていいます。

体育館の入場料大人580円(65歳以上140円)だけで予約しないでも出来ます。

指導員の方は、指導料も支払っていないのに、申し訳ないほど丁寧で手取り足取り教えてくれました。

2時間の体験だけでも、カーリングの面白さを知りました。

今度テレビでカーリングを見るのが楽しみです。

カーリングの準備風景

ストーンを投げています

指導員と一緒に

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

「習う」

現在、趣味や勉強の通信教育や教室が盛んに宣伝されています。

資格を取って就職に有利になるようにとか、趣味の世界を広げたいという思いからなのでしょう。


私は「習いに行く」ということはあまりしていませんでした。

若い頃、人に教えを請うことが面倒臭いと思っていた時期がありました。

20歳頃フルートに興味を持ち、吹き始め、独学で吹けるようになりました。

しかし、ある程度までしか上達出来ません。

また自分勝手に吹いてたので、人と演奏するということが出来ませでした。

独学の限界を知りました。


2年ほど前に、以前から興味があったサックスを吹きたいと思い、今度は独学ではなく教室に通い始めました。

週1回の割合でサックスを習いに行っています。


習うという意味は「見習う」ことから始まり、「ナレるまで」するということだそうです。

昨夜もサックス教室の日でしたが、上手くなるには如何に練習が必要かとつくづく納得しました。

習っている曲のある部分がどうしても吹けません。

先生の後について吹くのですが、どうしてもうまく出来ません。

「私は音楽センスが無いからかな?」とか思ったりします。

でも、2年前の初心者の時、当時とても吹けないと思われた曲も今は吹けるようになっていることを思えば、ただ単に練習不足しかないのでしょう。

60の手習いですが、若い先生を「見習い」、「ナレる」まで練習することが上達の秘訣ですね。


近い将来ステージの上でジャズでも吹いているかもしれません。

これもカッコいい年寄になる為の挑戦です。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

元気な?年寄

昨日地下鉄に乗った時のこと。

私と同時に足の悪い70歳くらいのお婆さんが乗り込みました。1人は杖をついていました。

その時シルバーシートには女子高生が座っていましたが、すぐ立ち席を譲りました。

お婆さんたちは遠慮しながらそこに座りました。

そこまではいいのですが、向かい側の普通シート席が空いた時、お婆さんたち2人はスッと立ち上がり、そちらのシート席に移ってしまったのです。

シルバーシートが空きました。

先ほどの女子高生は勿論、誰も座りません。混んでいるのにも関わらず。

お婆さんたちがそのままシルバーシート席に座ってくれたら、向かいの空いたシート席には若い人が座ることが出来たはずです。

自分達はまだシルバーシートに座る年でないと思ったのでしょうか。でも少し周りに迷惑をかけています


電車の中で席を譲ると言うと、以前に小さい子供がまだ50歳代の女性に席を譲ったのを見かけました。

その子にとっては50歳代の女性はお婆さんに見えてしまったのでしょう。

譲られた女性は最初びっくりしましたが、笑いながら「ありがとう」と言って座りました。

周りにいた人達は微笑ましく見ていました。


2年前に中国北京に行った時、私も地下鉄の中で、席を譲られました。

びっくりしたのですが、好意にしたがって座りました。

中国に詳しい人に聞くと、中国は年寄りに優しい国だということです。

私も年寄に見られたのですね。(その時まだ60歳になったばかり)


今、私は還暦も過ぎていますので、日本でも何時席をを譲られるか分かりません。

心の中では「まだまだ元気なんだぞ」と思いながも、その時はニコッて笑い、「ありがとうと」言って座ろうと思います。

いい年寄になりますよ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

カッコいい年寄

昨日知人Aさんが訪ねてきました。

私より7から8歳年上の方です。

Aさんは今本を書いているそうで、その内容は高齢者の生き方の「あるべき姿」を書きたいそうです。

Aさんの頭にある理想の高齢者は稲盛和夫さんや三浦雄一郎さんです。

Aさんは自分の周りの人達が高齢者を年寄扱いしすぎることに不満を持っています。

年寄扱いされる「シルバーシート」も要らないし、「車の枯葉マーク」も要らないと言います。(バスなどの優待券は別だそうですが)


その話を聞きながら思ったのですが、元気な高齢者は皆さん現役の人が多いようです。

そしてその現役の仕事が人から一目も二目もおかれる内容です。


人は他の人から評価されることに敏感になり過ぎているように思います。

自分の生き方を貫き、自分に自信を持つこと。

「するは自分の責任。評価は人の勝手」の気持で生きることは年齢に関係なく大切です。


年を取ると「人間が丸くなる」と言われていましたが、本当は違います。

年を取ると、自己主張が強くなり、人と合わせることや妥協するのが出来なくなります。

それは特に現役の仕事を離れて時から起きるように思います。


現役を離れると自分に対する評価が下がります。

その下がることに対して不満を持ちます。

「俺はすごかったんだぞ」「今だって負けないのだ」という気持が強くなります。

そのような気持ちになるのは仕方が無いことなのかも知れません。

でもカッコ悪いです。


私は今年の誕生日で62歳になります。高齢者と言われる65歳までもうすぐです。

私はカッコいい年寄を目指しています。

それは自分の生き方は自分で決め、周りの評価を気にせず、そして自分がこの世に役立つことをすること。

抽象的な表現になりますが、「凛として生きる」姿こそカッコいいと思います。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる