FC2ブログ

「倫理で生きる」か「美学で生きるか」

先日上京した時、高校時代の友人と1年ぶりに酒を飲みました。

話しをしている時、友人から「おまえは倫理で生きているな。おれは美学で生きたい」と言いました。
それは、私が稲盛和夫さんの話をした時でした。

稲盛さんは会社経営する時、大事なことは「正しく生きること」と言います。
私もその通りだと思います。

友人は正しく生きることも大事だが、自分の信条、誇り、生き方が重要だというのです。
確かに、時には善悪から離れた判断もあるのでしょう。

彼は以前、任侠映画が好きでした。
高倉健さんが、任侠道の中で生きるのは、一本筋が通っていて共感を持ちます。

私は倫理で生きながら、それを通した生き方が美学であっていいのではないかと思います。

「凛とした生き方」は美学であり、憧れです。
自分の我儘を抑え、欲望を抑え、生き方に固執するのもいいのかもしれません。

人の評価・判断を気にするのではなく、自分の信条を通すこと。
そこには人間としての誇りを忘れない生き方があります。

10年以上前に読んだ「葉隠(はがくれ)」に書かれていた事を思い出しました。

この本は江戸時代に書かれていたもので、武士の生き方が書かれています。

その中に、「武士は懐に常に紅を持つべきだ」とあります。
それは化粧するためのものではなく、何かあった時でも顔色を変えず
何時でも平然として居れるためです。

凛とした生き方は憧れです。
スポンサーサイト



テーマ : 「生きている」ということ
ジャンル : 心と身体

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2010/05 | 06
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる