FC2ブログ

最低賃金の引き上げについて

最近の新聞で「最低賃金の引き上げ」問題が取り上げられています。

働く側から見れば、高い賃金を求めます。

会社側からは賃金が高いと収益が出なくなります。


政府は「20年までに全国最低800円、全国平均1000円」を目標に掲げています。

会社側、特に中小企業側からみると、現状のデフレを考えれば「最低賃金の引き上げ」は死活問題になります。

賃金が上がる時、会社が生き延びるには、利益性の高い事業をするか、小人数で経営できる体質改善が行われなければなりません。

現在の日本で利益性の高い事業を探すのは大変なこと。

そのため、少ない人数で仕事をこなすために、機会・設備の導入などが起きるでしょう。

悪くすると、会社規模を縮小して、アルバイトの数を減らす方向に行くかも知れません。


どちらにしても、デフレ経済のもとでは、賃金が高くなるば、雇用人数が減少します。

益々、失業者が増えます。


デフレ下では、ワークシェア―が行われるのが流れです。

個別の賃金が減少しても、仕事を分け合い失業者を増やさないことが大切です。

「最低賃金引き上げ」はそれに逆行しています。


将来、外国人労働者の受け入れなど、労働者の自由化問題が持ち上がると、この問題はもっと複雑化して行きます。
スポンサーサイト



文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2010/08 | 09
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる