FC2ブログ

「イールドマネジメント」と「ツイッタ―」

「イールドマネジメント」
チョット難しそうな言葉から入りました。


「イールドマネジメント」については以前にもお話したかもしれませんが、「いかに最大収益を上げるか」を目的としたマネジメントです。

機会損失をしないためのマネジメントです。



これは元々航空会社の収益向上のために作られたモノですが、現在はホテルを中心にも使われています。


この考え方をその他の多くの商売に応用すれば、キット収益性が上がるとはずだと思います。


簡単な「イールドマネジメント」は、その店の過去の来客数、売上数、回転数等を集計し、そのデーターを将来のの予想に使うのです。

時間別にも分けるとより細かな対応が出来ます。



例えば、1年前2年前のお客様の動きをみると、8月のお盆時期の来客数が少ないと分かれば、あらかじめ単価を下げてでも、客数を増やす企画を作ります。

逆に、込み合うことが予想される時は、来客数を増やす努力より、客単価を上げる企画を作ります。

すなわち、「収益が最大になる」ように過去データー使い、3~6月後の戦術を立てるのです。


その「イールドマネジメント」を使いながらもう一つ、その時その時の状況に応じて、お客様に情報を提供する手段として「ツイッタ―」の利用が重要だと考えます。


今日はお客様が多く入ると思ったけど、思ったほどではないとしたら、「お得情報」をお客様にすぐ発信するのです。

特に常連のお客様でああれば、それをチェックしてくれ、来店してくれる見込みが高いはずです。


以前聞いた話ですが、東京銀座のあるデパートでは、メールアドレス登録されたお客様向けにタイムサービス情報を状況に応じて、流すそうです。

その時偶然に、銀座に来ていたお客様はそのメールを受け、デパートに向かい、特売品が買えたのです。

現在はメール発信よりツイッタ―のほうがよりタイムリーでしょう。


「イールドマネジメント」も「ツイッタ―」も機会損失をしないための道具として使うことをお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2010/08 | 09
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる