FC2ブログ

葬儀業界

昨夜、盛和塾札幌の例会がありました。

今回は「我が経営を語る」と題して、葬儀社「セリオむすめや」社長の三澤さんのお話しでした。

お話を聞くと、葬儀社といえどもサービス業として努力されています。


葬儀と言えば、縁起が悪いと捉えられがちですが、人は必ず死ぬことになっています。

「セリオむすめや」の社員はそれを後ろ向きに捉えるのでなく、積極的営業をしているそうです。


各地域の町内会との交流、ゲートボール大会やパークゴルフ、時には旅行会のお手伝いもするそうです。


また、「セリオむすめや」は色々なアイディアを出し、お客様サービスをしています。

その一つは「セリオメール」というものです。


知人に不幸があると、皆さんは喪主宛てにNTTの弔電を打つことが多いと思います。

NTTの弔電には色々な種類があります。

刺繍付きとか漆塗りとかあり、数千円と結構高いものになります。


「セリオむすめや」では葬儀をしていただいたお客様への弔電を自社HPからメールで受け、それを専用の台紙に付け、ご遺族に届けるものです。

台紙もいいモノを使いますが、全て無料です。

このようなサービスは「セリオむすめや」だけのサービスの様です。


将来このようなNTT弔電に代わる「メール弔電」を各葬儀社で用意し、それにアクセスして利用することが出来れば革新的なサービスになりそうです。


「セリオむすめや」では「私小説」と題する遺言書の様なモノを用意しています。

自分の「プロフィール」「子供・学生時代の思い出」「現在の思いや近況」等を書き、その他「介護の希望」や「葬儀の方法」等のこれからのことも書くようになっています。

勿論、財産のことも書きます。


これを一冊書くと自分を棚卸をするようです。


現在の日本の死亡率は人口当たり0.75%位で、札幌・全国でも同じような数字だそうです。

これから高齢化社会を迎え、ゆくゆくは1%になるでしょう。

私も近いうちにこの「私小説」で自分を棚卸してみたいと思っています。


参考:
「セリオむすめや」HP:http://www.musumeya.co.jp/index.html
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2010/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる