FC2ブログ

理念と目標

企業にとって業績の浮沈はつきものです。その都度経営者を中心にしてそれを乗り超えます。

しかしいくら努力しても、なかなか業績が回復しない時があります。

その対応の一つに人件費削減も検討することもあります。


従業員を減らすのか、ワークシェアで従業員を減らさず1人当たりの賃金を下げるのか。

従業員を減らすと、景気回復した時すぐそれに対応出来ません。

景気回復した時、改めてを採用して訓練することになるので、タイミング良く生産を上げることが出来ません。


ワークシェアをすれば従業員を減らすことが無いので、景気が回復した時すぐにそれに対応できます。

ベターな方策と言えます。


しかし、ワークシェアを取った時一番の問題は生産性・効率の低下でしょう。


先日玉川大学の研究結果が新聞に掲載されていました。

最初に金銭報酬が与えられて課題に取り組んでいたところ、報酬が無くなった際には、本来楽しめる課題もやる気が失せてしまうという心理実験です。

給料が急激に減少しても同じようなことが言えるでしょう。

「成果報酬の減少はやる気も減少させる」ということです。


いくらやりがいのある仕事をしていても、給料が低下した時、本来の生産性・効率を維持することが難しいのです。

ワークシェアをしても生産性・効率を低下させないために必要なのは何でしょうか?

それは「会社に明確な理念があるかどうか」だと私は信じています。

そしてその理念が従業員全員で共有しているかです。


この会社が「何のために存在する」のか、「何を目指して頑張る」のか、それを普段から共有出来ている会社は強いのです。

一時的に給料が下がっても、それを乗り越える力は出てきます。

勿論、業績回復した時は、経営者は従業員の苦労に応える待遇改善をしなければなりません。


稲盛和夫さんは過去に、不景気で京セラの業績が低下した時とってきた方法がこれです。

不景気に力を蓄え、景気が回復した時は一気に拡大させる。

だから「不景気もまた良し」と言えるのでしょう。


現在、不景気だからこそ従業員が共有できる理念・目標の重要性を再確認しています。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2010/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる