FC2ブログ

介護福祉

現在92歳の父と85歳の母と同居しています。

2人とも病気持ちで足も弱く、またともに認知症です。

父は肺気腫で酸素が必要なので在宅酸素を設置しています。

以前から夜中に救急車を呼ぶのがよくありました。

先日の日曜日にも、夜中の2時頃苦しみ出し、「救急車を呼べ」と叫びましたが、酸素を調整して何とか治まりました。

でもまた4時30分頃苦しみ出し、また「救急車を呼べ」と叫びます。

仕方がなく、救急車を呼び、私の妻が伴って札幌市立病院に行きました。

3時間後落ち着いたので、私が迎えに行き自宅に戻ってきました。

22日の月曜日は私も妻も寝不足フラフラでした。

その月曜日の昼ごろにまた苦しみ出しました。

会社にいた私に妻から電話があり、どうしたらいいか聞いてきました。

半日前に救急車を呼んだばかりでまた呼ぶわけにいかず、一般病院に入院することを考えました。

しかし、父の主治医は訪問専門の医者で病院を持っていません。

ですから急に入院させると言ってもそう簡単ではないのです。

受け入れ先を探すのが大変でした。


やっとの思いで近くの病院に入院させることが出来ました。

その病院からも「しばらくしたら退院してください」と言われています。

自分に介護を必要とする両親がいて、初めて自宅介護の大変さを感じています。

早い内に老人ホームや療養型病院に入れてしまえば楽なのですが、我儘な父のことを考えると、きっと孤独になり寂しい思いをすると考え在宅介護を選びました。

老人介護は現実の問題として目の前にあり、そして何年かごには自分がその対象になるという事実に、今向き合ったいる最中です。
スポンサーサイト



文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2010/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる