FC2ブログ

代理セールス

昨日は私の父の49日の法要でした。

アット言う間の49日間だったような気がします。

お寺で法要を上げ、その後ホテルで会食です。

身内だけの会食でした。

ホテルは私共のホテルです。

その時の「なるほど」という事がありました。


叔母の1人が「ここの青山(店名)の懐石料理が美味しいのよね。だから良く友達を連れてくるの。今日も美味しいわ」と言ってくれたのです。

また、1人の女性が「以前来た時は美味しくなく、それからは来ていなかったけれど、今日のお料理は美味しいわ」

「調理長が変わったのかしら」と言いました。

その話を聞いた別の叔母が「今度私の集まりはここでするわ」と話は料理、ホテルの評価が上がる一方でした。


私は味覚音痴ですが、確かに美味しいと思います。

特に天麩羅は揚げ立てで、こごみ、タラの目、フキノトウ、鱈の白子の天麩羅でした。

季節はまだ冬ですが、冬と春の季節感が出ていました。


この会食は身内だけですから、自分のホテルのことを話しているわけです。

自分のホテルだとの思いなのか、それだからこそなのか、いつもこの女性たちはホテルに対しては、厳しい見方をしています。

美味しくないモノは美味しくないとハッキリ言います。

その中で、料理に対して高い評価が出たので、これは嬉しい思がしました。

また、最初に美味しいと言ってくれた叔母の話を聞いていると、ホテルのどの営業マンより説得力があり、確実に新しいお客様を連れてくるほどの影響力がありました。

その時ホテルの支配人はその話を知りません。知らないところで、お客様がホテルの宣伝をしてくれているのです。


どのような仕事でも同じです。

「口コミ」と言いますが、「いい口コミ」をしてもらうか、「悪い口コミ」になってしまうか、それはその店側の思い一つです。

お客様に「いい口コミ」をしていただけるように、店側が工夫をする事が大事です。

「口コミ」になる話題を提供するのです。

お客様を自社の代理セールスマンになっていただけるようにするのです。


先ほどの会食の時、サービスする女性は天麩羅をただ出すだけでなく一言言っています。

「季節の天麩羅です。今日は特別に、少し早いですが春のフキノトウ、こごみ、タラの目、それにタチの天麩羅です。珍しいと思いますよ」

それを受けて女性たちから「凄いわ。タチの天麩羅ですって」「フキノトウが食べれるなんて」という話題になっていきました。

今回は身内の話でしたが、「口コミ」の影響の大きさを改めて目の当たりにした思いでした。

スポンサーサイト



テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    12 | 2011/01 | 02
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる