FC2ブログ

「寛大」と「寛容」

今朝、なぜかイラつく自分に気付きました。

何となくで、特別理由があるわけではありません。


人に好まれる性格は寛大な人、寛容な人です。

人は自分には寛大な心、寛容な心がなくても、他人にはそれをを求めます。

人には優しさを求めるのでしょう。


この「寛大」と「寛容」の意味は似ています。

でも、若干違います。

辞書によると「寛大」とは度量が大きく、思いやりがあり、むやみに人を責めないこととあります。

「寛容」とは心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないことです。


この2つは似ていますが、その反対語を調べてみると、その違いが分かります。

「寛大」の反対語は「偏狭(へんきょう)」です。

「偏狭」とは自分だけの狭い考えにとらわれること。度量の小さいことを意味します。


「寛容」の反対語は「厳格」です。

「厳格」とは 規律や道徳にきびしく、不正や怠慢を許さないことです。


仕事をする時、上司が「寛大」で「寛容」な人だと、いい上司と評価されます。


それでは会社のトップはどうあるべきでしょうか。

私は「寛大」であっても、「寛容」であってはいけないと思います。

「寛大」でありながら「厳格」であるべきです。

トップが「偏狭」な心の持ち主では誰もついてきません。

しかし仕事に対して優しすぎると会社はつぶれます。

「寛大」な心を持ちながら、仕事の上では「厳格」に処理するトップこそ、部下から信頼され、ついていこうという気持ちにさせます。

優れた経営者は、特に若い頃「カミソリ」と言われるくらい厳格な人は多かったです。

そのような経営者は自分にも厳しかったのです。

「寛大な心」を持ちながら「厳格」な仕事。

今朝改めて認識した言葉でした。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    02 | 2011/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる