FC2ブログ

話を聞いてもらうために

人の話を聞く時、素直に聞く人と、斜に構えて聞く人、全く聞く耳を持たない人とさまざまです。

それは耳に栓をするとか、耳を塞ぐとかしているからです。


もしかしたら、その人は本当はいい話しをしているのに「何となく嫌な人だから」とか「あまり大したことのない人だから」とかの理由があるのかもしれません。

でもそれはもったいない事です。

それに似たような話です。

私の若い頃、好きな歌手がいてその歌が好きだったのですが、ある時その人がスキャンダルを起こしたため、その歌も聞きたくないと思ったことがありました。

その時友人から言われたのが、「歌が良ければその歌っている人間がどうであれ、関係ないはず。良い歌は良い歌なんだから。」と

それと同じように、話している人に対しての先入観を持たずに、「いい話しかもしれない」と話を聞く姿勢は必要なのです。

そうでなければ耳触りのいい話しか聞かず、自分の考えがますます狭くなってしまいます。

自分と考えが違う人の話も「成程」と思える心の広さも必要です。


一方、逆に話す人間の立場に立てみれば、「自分の話を聞いてもらえない」というのも問題です。

特に経営者として話す力は重要です。

大切な話をしても伝わらない。それでは人は動きません。

社員や得意先、銀行などに話をする時、信用して聞いてくれるかどうか、そして行動してくれるか。

人を動かすことので来る経営者が成功します。

聞かない人が悪いのではありません。聞く耳を持たせるように努力しなければならないのです。


人が話を聞いても動かないのは、その経営者の考え方、姿勢が大きく原因してきます。

耳を傾けてくれるだけの話の内容と共に、人としての考え方がしっかりしていなければ、社員も得意先も銀行も聞いてくれ、動いてくれません。

経営者は普段からの行動が信用されるかどうかにかかっています。

素晴らしい経営者、成功する経営者は、良い話しをするより前に、耳の栓を抜いてあげることが出来る人なのです。
スポンサーサイト



テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2011/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる