FC2ブログ

反省ある人生を送る

今日も「京セラフィロソフィ勉強会」で学んだことを書きます。

今日は第62項「反省ある人生をおくる」についてです。

この事について稲盛さんは次のように書いています。

「自分自身を高めようとするなら、日々の判断や行為が果たして『人間として正しいものであるかどうか、奢(おご)り驕(たか)ぶりが無いかどうか』を常に謙虚に厳しく反省し、自らを戒めていかなければなりません。

本来の自分にたち返って、『そんな汚いことをするな』『そんな卑怯な振る舞いはするな』と反省を繰り返していると、間違いをしなくなるのです。

忙しい日々を送っている私たちは、つい自分を見失いがちですが、そうならない為にも、意識して反省をする習慣をつけなければなりません。

そうすることによって、自分の欠点を直し、自らを高めることが出来るのです。」



「反省」と言うと「改めて言われるまでも無い」と思われる方もいるかと思います。

また、「そんなきれいごとを言っても」と思うかもしれません。

そのような思いに対しても稲盛さんは次のように書いています。

「われわれ人間は肉体を持って生まれてきたために、自らの肉体を維持しなければなりません。

毎日食事を取り、水を飲み、睡眠を取らなければ生きていけないのです。

それゆえに、人間はもともと己を守ろうとする心、すなわち利己的で欲望に満ちた心を持っているわけです。

本来この肉体を維持していくために、神様がくれた心なのです。

だから何も手入れしないでそのまま放っておけば、人間の心は必ず利己的で強欲なものに満ち満ちてしまいます。

そこでこの項目にある『反省』ということが大変大事になってきます。」

「偉そうなことをお話ししていますけれども、この私とて、まだまだ不完全な人間なのです。すきあらば悪さをする、自分の欲望を満たそうとする、普通の人間です。

ですから当然、間違いも起こします。それでも悪いことは悪いこととし、常に反省を繰り返し、今より悪くならないように努力しようと思っています。」
と言っています。

ただ、反省をしても、自分を卑下したり、傷を付けるようなことをしてはいけません。

反省をして自分がダメだったと思ったら「神様御免なさい!」と言ってお仕舞にするくらいでいいのです。


中国に「謙のみ福を受く」という古い言葉があるそうです。

心の手入れをするという意味でも反省することは大切です。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    06 | 2011/07 | 08
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる