FC2ブログ

コヴィ―博士と稲盛さん

昨日「プレジデント」という雑誌を買いました。

今回は「7つの習慣」を書いたコヴィ―博士と稲盛和夫さんの対談、そして「運をつかむ習慣」という標題になっていました。

この本は発売日に近くの本屋に行ったのですが売り切れており、少し遠くの本屋に行きました。

いつもだと数冊あるはずなのですが、1冊だけ残っていて、かろうじて買えました。


今回の「プレジデント」は、運をつかむという標題もいいのですが、それよりコヴィー博士と稲盛さんとの対談の方に興味がありました。

コヴィ―博士は「7つの習慣」、稲盛さんは「経営の12カ条」を基本思考に据えてお話ししています。

2人とも「素晴らしい人格」を持つことの重要性を説いています。


その中で興味ある話しがありました。

コヴィ―博士の話です。

「アメリカ建国200年の時、200年間で成功した人々を調査しました。

すると、最初の150年と後の50年で大きな違いがあることに気が付いたのです。

最初の150年に成功した人達に特徴的だったのは、誠実、謙虚、勇気、勤勉といういわば人格主義でした。

後の50年では、もっと表面的なスキルやテクニックが重んじられていました。

私は人格主義こそ重要だと考えています。」



また、稲盛さんは
JAL再建のためにフィロソフィ―を共鳴してもらおうと、幹部を集めて徹底的にリーダー教育を行ったこと。
また、立派な考え方や人格が無ければ、いくら戦略や手段、方法を考えてもいい結果は生まれまないことを言っています。

その話を聞いてコヴィ―博士は「エンパワーメントの好例です」と言います。

エンパワーメントとは「現場の裁量を拡大し、自主的な意思決定を促すとともに、行動を支援すること。現場の責任感とモチベーションが高まる。」ことです。

私はいつも稲盛さんの本を読んだり、話を聞いたりしていますがエンパワーメントとは気付きませんでした。

確かに稲盛さんの言っていることの結果は、まさにエンパワーメント作りそのものだと思いました。

ただ、それはあくまでも結果であって、先に経営者の人格形成があっての流れです。


今回の「プレジデント」には「運をつかむ習慣」の中で、京都大学の藤井教授が「利他の心を持つ人」はツイている人生を送り、「利己の心を持つ人」はツキから見放されるということを論理的に解明しています。

これも興味ある内容です。

宣伝するわけではありませんが、ぜひ読まれるといいですよ。


スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    06 | 2011/07 | 08
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる