FC2ブログ

2人の社長

昨日ある会社の会長が私の事務所に顔を出してくれました。

そこで出た話は、身近にいる社長たちの話でした。

その中で、それなりに実績を上げている2人の社長の話が中心となりました。


A社長は積極的経営です。仕事の関連、人的つながりを生かし、数多くの会社、事業を展開しています。

コンサルタント会社との繋がりも強く、そのアドバイスも積極的に受け入れています。

会社の数、その事業数は私達では掌握出来ない数です。

また、その展開のスピードも早いです。

良しとして作る時は、アッという間に作ります。

逆に見込みがないと思えば、即座に撤収し躊躇しません。

利益もしっかり出し、売上も100億に近いでしょう。


一方B社長は慎重な人なので、確実な経営をしています。

3社を経営し、それぞれでしっかり利益を出しています。

3社の売上はA社長ほどでありませんが、利益率は大変高いです。

新規事業はしたいのですが、慎重過ぎてなかなか上手く展開できません。


A社長の会社もB社長の会社も売上も高く、しっかり利益も出しています。

私達で話したのは、どちらの社長の会社がこれから、さらに伸びるだろうかということでした。

結論としては、どちらも経営としてのやり方が違うだけで、どちらも将来も伸びていくだろういうことです。

ダメになる時はやはりその社長の気力が落ちた時でしょう。

その時誰にバトンタッチするか。


あるメールマガジンに建築家の安藤忠雄さんの話が紹介されていました。

経営を車の運転になぞらえて書いています。

概略は
「車の運転はノロノロ運転していたら、つい眠くなってぶつかってしまいます。

でも時速150キロで走っていれば居眠り運転なんかしないでしょう。

これは大企業でも、小さな会社でも同じで、リーダーは目標を明確にして、それに向けて可能な限り全力疾走していれば、緊張感があるからそんなに失敗しないと思うんです。

やっぱり居眠りができるような中途半端な走り方では駄目です。」


先ほどの経営論議についても、経営のやり方は色々ありますが、最終的には社長によって決まるのです。

最終的には、真剣さがなければ、今いくらいい会社もこれから衰退して行きます。


安藤さんの言葉は、稲盛和夫さんが言っている「強烈な願望を心に抱く」「誰にも負けない努力をする」「経営は強い意志出来ます」に通じるところがあると思います。

スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2011/08 | 09
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる