FC2ブログ

2代目経営者

新しく経営者になるには起業してなる場合と、引き継いでなる場合があります。

専務や常務が先代の社長を引き継ぐ場合は、長年先代社長と共に経営をしてきているので、経営を知っています。

この場合は特に問題はありません

社長の息子が引き継ぐ場合、特に経営経験が無い中で引く次ぐ時、いろいろ問題があります。

経営の基本はその会社の根幹を早く学ぶことです。


普通、最初から社長として入るより、部長とか常務とかの肩書きで入るのが多いと思います。

入社した時大事なことは、最初は現場に入って朝から晩まで誰よりも働くことです。

そして謙虚な気持ちで仕事をすることです。

なまじっか管理部門に入れたりすると「頭でっかち」になってしまいます。


稲盛和夫さんも2代目社長の心得として「まず親の代からの経営幹部たちに仁義を切りなさい」といいます。

一席設けて「至りませんが、また社長の器ではないかもしれませんが、将来社長のお役割を務めさせていただきます。」とお願いし、1人1人にお酒を注いで回るのです。

この謙虚さが無いと誰からも見向きされなくなります。


稲盛さんは「爺殺し」という言葉も使います。

「爺殺し」とは気軽に年配の方にすり寄っていって、いろいろ相談を持ちかける人のことです。

人間というものは不思議なもので、厚かましくヒョイヒョイやってくると、最初は無礼だと思っていても、その内アドバイスするようになるということです。

このテクニックも謙虚さが無いと使えません。


私も父の会社に入社した時心したことです。

過去の私の仕事の中で、それなりに実績が出た時はほとんどの場合、年配の良き相談者なりパートナーがいました。

ある意味、私も「爺殺し」が上手かったのかもしれません。


親から引き継いだ2代目3代目経営者が一番ダメなのは、現場の仕事を軽く見て、経験程度で終わり、外部活動にいそしむことです。

人脈を磨くと称して、青年会議所やライオンズクラブ、ロータリークラブに入る人が多いです。

そこに入っても遊びを覚えるだけ。

そして、なまじっか良き人脈や情報を得ると、それにこだわり仕事を進めてしまおうとします。

でも、そのほとんどが失敗します。

現場が良く分からず、なかなか皆から信頼を得られない時、ついスタンドプレーをしてみたくなります。

でも、経営の原理原則・基礎が出来ていない時に、小手先で経営するような事を知ってしまうと、取り返しがつかなくなります。


2代目3代目は最初からある程度の地位を与えられます。

自分も周りも将来は社長になると思っています。

だからこそ、何度も書きます「謙虚さ」が大切です。

「謙のみ福を受く」の言葉通りです。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2011/08 | 09
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる