FC2ブログ

自力をつける経営

起業家が起業を志したきっかけは色々あると思います。

お金を稼ぎたい。贅沢したい。好きなモノを買いたい。思い通りに人を動かしたい。世の中を良くしたい。

様々あります。その動機がどうであれ起業することはいいことです。


起業しようとすると、今はそれを支援する団体や制度は沢山あります。

起業・創業資金の貸出も容易に受けることが出来ます。

インキュベーション施設も充実しています。


ただ最近フッと思うことがあります。

起業して実業の世界に入って行くと、守ってくれる人はいません。

最初は社長になって目標に向かっていく自分を夢描いていますが、しかし実際は自力で、誰にも頼らず、汗をかき、涙を流し、時には這いずり回りながら登って行くこともあります。

その時必要なのは「根性」です。

「根性」という言葉は最近聞かれ無くなりましたが、同じ意味で「ネバーギブアップ」です。

誰にも頼れないからこそ大切です。


30年以上前は、現在のように起業の環境が整備されていなく、起業する人達は、知人にお願いしてお金を集め、足りなければ銀行に事業計画書を提出し、承認受ければ自己保証でお金を借ります。

経営指導してくれるところは銀行とか商工会議所くらいで、実際は周りにいる経験者や先輩たちに教えを請うて、学んでいきました。

事業計画書の書き方は銀行に行って教えてもらい、商売の仕方は他社の見よう見まねでやりました。

市場調査とか、マーケッティング等分からなくても商売を伸ばしてきました。

経験しながら自力をつけ事業を拡大してきました。


それに対して現在のように起業の大切さが言われるようになって、国などの「官」が起業に対するいろいろな環境を整備してきてくれました。

極端に言えば手取り足とり教えてくれ、支援してくれます。

インキュベーション施設も安い料金で入居出来、そこではマネージャーがいて相談ものってくれます。


しかし、先ほども書きましたように、実業の世界は昔と変わらず厳しいものです。

その厳しさを知らずにインキュベーションから出た途端に、風邪をひいて倒れてしまうかもしれません。

実業の世界では自力がモノを言います。


勿論「官」のサービスを利用してもいいのですが、早くそこから脱した方がいいと思います。

実業に入ったら民間のネットワークを使うことです。

自分の周りに作るのもいいです。

また、既にある民間の起業支援ネットワークに入るのもいいでしょう。


私も入っていますがNICeという団体があります。

「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」を合言葉に起業家を支援しています。

起業した人同士、またそれを支援する人とのネットワークです。

そのようなところが、昔のように先輩や経験者に相談し、教えてもらえ、起業家同士は互いに助け合いながら、成功を目指していける世界をつくるのではないでしょうか。

この団体も「官」ではなく一般社団法人格で頑張っています。

周りにも同じような団体やネットワークがあるかもしれません。


「民」の力で自力ある骨太の経営を目指しましょう!

スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2011/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる