FC2ブログ

社会保障費削減

今、消費税増税論議が盛んです。

政府が言っている消費税増税の話は社会保障費と一体改革という言葉が伴います。

この意味を間違えて理解している人はいないでしょか?


先日テレビに野田総理が出て、若い人達との討論会がありました。

その中で総理は「増税したお金はすべて社会保障費に回します」と言っていました。

でも、社会保障との一体改革とはそのことを意味しているのではありません。

あれだけを見ていると「社会保障費が足りないから増税で賄う」というふうに取られてしまいます。


本来は増税をし、同時に社会保障費も見直し、それを削減し、日本の財政改革をするという意味です。

消費税増税があまりにもクローズアップされて、社会保障費削減問題が表に出て来ていません。

政治家は、この社会保障費削減にふれた途端、次期選挙で落選するということを恐れているのでしょう。

論議を後回しにしています。

しかし、もしも増税が決まった後に、「それでは次に社会保障費を削減します」と言われると、国民は増税以上の反発をします。

することが後先になっています。


日本の今年度の予算96兆円。

それに対し、税収は42兆円程度。

足りない54兆円は国債という借金です。

消費税を5%アップさせても10兆円程度です。

まだまだ足りません。

法人税は現在10兆円弱。

これを倍にしても10兆円増えるだけ。

しかし現在、法人税30%の他に、地方法人特別税を含めると40%の負担になる会社は、増税にした途端海外に逃げていきます。

また、経済を復興させ税収を増やそうとしても難しいです。

あのバブルの時でさえ税収は70兆円に届いていません。

そして、その時の税率は今より高く、所得税最高60%(今40%)、法人税50%(今30%)でした。

その高い税率があり、バブルの時でさえ70兆円に届いていないのです。

将来バブルの時と同じことが起きるとは思えません。

財政改善には支出を下げることしかありません。


日本の社会保障費は29兆円ほどになり、税収の70%以上を占めています。

ただ、この社会保障費を見直すとなると、「弱者いじめ」「格差拡大」等の批判を受けます。

しかし、どのようにしても税収の7割以上も占めている社会保障費を見直さないと日本は潰れてしまいます。

総論では賛成と言う人がいても、自分のこととなると反対になります。


難しいことですが、これから日本の大人1人1人が現状を認識して覚悟をしていかなければ、将来今の子供達から馬鹿にされます。

「こんな日本に誰がした!」と言われない行動が大人に求められています。
スポンサーサイト



テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる