FC2ブログ

採用の時

週末、知人が経営する居酒屋へ行ってきました。

お店は居酒屋というよりモダンな割烹店という感じです。

知人は3年ほど前に開業して、1人で頑張っています。

忙しい時は時々奥さんが手伝いに来て、2人の優しさからとても居心地のいい店です。

料理もそれなりに工夫し美味く、その料理のほとんどは手作りと言っています。


そのような店も最近はお客様が少なくなり、いろいろ悩んでいるようです。

その為「思いっ切って今度チラシを2000枚ほど撒こうと思っています。」と言います。

それも来客数を増やす1つでしょう。


そのような来客数を増やす時、しなければならないことがあります。

受け入れ態勢を整えること。

当り前のことですがなかなか出来ないのです。


1人で起業し、1人でお店を運営していて、商売の最初の転換期は「いつ人を採用する」かです。

それが社員でもアルバイトでも同じです。


身の丈で経営するということは余計な経費を削減すること。

起業した最初は、1人で運営することはいいのですが、いつまでもそれが出来るわけではありません。

お客様が増える時、人手が必要になります。

その時期を見誤ると、折角業績が伸びる時なのに止まってしまいます。

先ほどの知人の店の様に、広告のチラシを入れるとする時は、チラシを撒く前にそれを十分整えなければいけません。

それをすることなく、従来のままの体制では、客が逃げていきます。

ビールや焼酎は頼んで3分位で出てこないとダメです。

5分過ぎると遅いという気持ちになります。

折角来たお客様を不満もって帰させては逆効果です。

「待たせること」はお客様がお店を敬遠する切っ掛けになります。


以前も紹介しましたが、1人で運営するイタリアンレストランが私の家の近くにあります。

人を連れ食べに行きました。

料理の量も多く、また大変美味しく満足だったのですが、出てくるのに時間がかかりました。

3人で行ってスパゲッティーを3種類頼んだのですが、3皿出てくるのに40~50分かかります。

そうなると、美味しいのでまた行きたいと思うのですが、なかなか足が向きません。


人を初めて採用する。

身の丈起業において、この「採用の時」を見定めることは、チョットした覚悟と勇気がいりますが大切なことです。
スポンサーサイト



テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる