FC2ブログ

両親の思い出

昨日街を歩いていて、ブックオフに何気なく立ち寄りました。

フッと目に入ったのが「父母への手紙」という本でした。

立ち読みしたのですが、素敵な両親の思い出が語られていました。

その時、自分の父母との思い出は何があるだろうかと思ったのです。

居るのが当り前のように存在した両親。

何不自由なく育ててくれたことが当り前のように思っていた自分。

両親が死んで1年2年経ちます。

来月は母の1周忌です。

沢山あるはずの母との思い出、思い返してもあまり出て来ません。

なんと親不孝な息子だと思いながらも思い出すと、ありました。


私は物心ついた時には既に左の耳が聞こえていませんでした。

右の耳はチャンと聞こえます。

その左耳治療のため母は私を色々な病院に連れて行きました。

この病院なら直るかもしれないと聞いたらすぐ連れて行きました。

母に手を引かれて市電に乗って札幌医科大学病院、バスを乗り継いで北大病院など覚えています。

分厚いドアの検査室に入って検査をしました。


耳が聞こえなくなった原因はストレマイシンという薬の様です。

私が生まれたのは8月。母乳が出なかった母は、粉ミルクを飲ましてくれました。

母の話しでは、作り置きしたミルクが、8月の暑さで悪くなってしまい、それを飲んだ私はお腹を壊したそうです。

医者にに見せるとすぐストレマイシンが打たれのです。

それが左耳が聞こえなくなった原因のようです。

母が私が高校生の頃、そのことを話してくれ、謝っていました。


小さい頃から左の耳が聞こえませんが、右はよく聞こえるので、ほとんど不自由は感じませんでした。

人は皆、耳が2つ付いているけれど、そのどちらか1つしか聞こえないものだと私は思い込んでいました。

勿論、障害者だとの自覚はありません。


母が年老いて私と住むようになってある時、何気なく「すまないね」「ごめんね」と言いました。

80歳を過ぎても私の耳のことを気にしていたのです。

「全然気にしてないよ。大丈夫だよ」と言っても申し訳なさそうな顔をしていました。

そして悲しそうでした。

昨日はそんなことを思い出しました。


親はありがたいものです。

母の写真に合掌しました。
スポンサーサイト



テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる