FC2ブログ

楽あれば苦あり

以前にユダヤ人と日本人の違いについて書きました。

今日もその流れになります。

日本には「苦あれば楽あり」という言葉があります。

これは「苦しくても我慢をして頑張ればいいことがある」という教えです。

中国にも人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)ということわざがあります。

これは「楽の後に苦があり、苦の後に楽があり。それは繰り返す」という教えです。


ユダヤ人は逆です。「楽あれば苦あり」だけ。

これは「好調な時こそ将来起きるリスクに対して対処しておかなければならない」という教えです。


ユダヤのことわざが日本と中国のことわざと違うのは、ユダヤ人の教えは「苦の後に楽があるとは限らない」ということです。

「好調」な時こそ努力して、その「好調」をより伸ばしておかないとダメ。

「苦」は何も意味が無いのです。


これは会社の経営にも通じるところがあります。

好調の時こそ、次の1手を打っておかなければならないのに、その上に胡坐をかき、努力を怠り、苦しくなってから頑張る。

そのような姿を諌めている言葉の様に思います。
スポンサーサイト



テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる