台湾のうどん店

今日も中国で行われた盛和塾のお話しをします。

経営体験発表者の中に台湾の経営者が1人いました。

彼のお話を紹介します。

名前は厳心鏞さんといいます。

昨年の4月より台湾で日本のうどん店を展開しています。

4ヵ店104名の従業員がいます。

厳さんの創業理念は「家の貧しい若者を助け、事業を発展させ、物質的に豊かな生活を送れるようにすると同時に、若者が心を高め親孝行をし、次世代のより多くの若者に愛を伝えること」です。

彼は色々な仕事の経験の中で、ある尊敬する人に出会いました。

その人から「創業こそ青年にとって最大の助けになる」と聞かされます。

またその人から贈られた稲盛さんの本「生き方」を読み、その後の自分の生き方を決めました。

そして日本式うどん店事業を始める時、将来の創業条件にあう若者を4名選らび雇いました。

彼らはいずれも家庭が貧しいか、片親に育てられていて、また極めて親孝行でした。

親孝行と貧困は最も重要な選択条件だったそうです。

親孝行であれば同僚やお客様にもきっと良くしてくれ、また貧しかったからこそ、他人の恩に対して感謝の気持ちが深くなると言います。

厳さんの事業は順調に発展して、現在売上高1億2800万台湾ドル(約4億3000万円)、経常利益率20.5%です。

店のモットーがあります。

「敬事如神(敬うこと神の如く)」
これはうどんを作る時、1碗1碗神聖な気持ちを込めて作る。

「待客如親(客に相対すること親に対する如く)」
お客様に対しては親孝行するように対応してほしい。

厳さんは自分の生き方を、うどん店を通しての「若者の創業」に置いています。

大変共感できます。
スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる