割り勘

普段、人と食事に行く時は日本では割り勘が当り前です。

でも中国や韓国では割り勘を申し出る行為が相手を侮辱することなるとWikipediaに書いてありました。

私の場合、時々年下の人に飲み行こうと誘う時は割り勘でなく私が払うことが多いです。

でもそんなことが続くと相手が「申し訳ない」という気持ちが強くなり、あまり楽しめなくなります。

でもまた、それでは割り勘となると、収入が少ない若い人に申し訳ない気持ちになります。

それで考えました。

「年齢の割合いで勘定」するか「収入の割合で勘定」する割り勘もあっていいかと。

例えば若い人と一緒に2人で食事や飲みに行った場合、勘定が1万円位だとすると、「今日は割り勘ですよ」と言って3000円をいただく。

7000円は私負担。

それであれば、若い人にとっても「申し訳ない」という気持ちは薄くなるのではないでしょうか。

厳密な割り勘をする人がいますが、それでは折角の楽しい食事が台無しになります。

当り前のように「年齢差による割り勘」等、あってもいいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる