「情」と「理」

経営者の大事な心得の1つに「情」と「理」の使い分けがあります。

これを使い間違えると会社を左右させることも起きます。

夏目漱石の「草枕」の冒頭に「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。」という言葉があります。

経営者は時として、角が立つこともしなければなりません。

しかしその前提として、情のある人でなければなりません。

その使い分けが大切です。

間違いを犯す経営者は「情」で判断する時に「理」で判断し、「理」で判断することを「情」で決めてしまいます。

また「情」の無い人は冷たい人です。

「情」のある人が「理」の判断をした時は、冷たい判断でなく厳しい判断になります。

厳しいけれど正しい判断をします。

「冷たい」と「厳しい」は違います。

「溢れるばかりの情を持ち、時として厳しい判断が出来る」

これが優れた経営者の姿といえます。
スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる