会社の大義名分

会社を経営する時、大事なものの1つに「大義名分」があると思います。

それはの経営理念として示される事が多いでしょう。

会社は登記手続きすれば誰でも作れます。

しかし、それに事業が伴って初めて会社になります。

事業にはそこで働く人がついています。

働く人がいて事業と言えます。


ある会社の例

会社が事業を拡大して利益を出します。

その利益で優良土地を買いました。

その土地が駐車場として成り立つ場合、それも1つの事業になります。

時が経ち、本来の事業に限りが見えた時、社長はその事業を子会社化し、専務を社長にし、本体会社から切り離します。

本体会社は駐車場事業だけで、一人社長でも経営出来ます。

駐車場経営はほとんど経費もかかりません。

利益を十分出します。

しかしこれは誰のための事業でしょうか。

一方、切り離された子会社は、多難な経営環境が待ち受けています。

そこには働く多くの従業員がいます。

子会社の経営が上手く行かなければ倒産です。

でも子会社が倒産してもは別会社ですから、本体会社には影響がありません。

本体会社は駐車場経営で営々と生き延びて行けます。

そのような会社が最近多くなって来ているのではないでしょうか。

社会のため、従業員の幸せのためと言う会社の存在の「大義名分」を失った結果です。
スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる