おもてなし

元NHKアナウンサーだった鈴木健二氏が書いた「気配りのすすめ」という本が大分以前ベストセラーになりました。

また今、「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことで、海外では日本の「おもてなしの心」が注目されているようです。

海外では注目されている「おもてなし」も、日本では昔から自然になされていたサービスだと思います。

「気配り」や「おもてなし」を少し自分なりに分析してみました。

目配り:何か起きていないかチェックする。

気遣い:心配するに近い気持ち。

気配り:相手に気を使う。

気働き:目の前の事ばかりでなく、先の事、全体の動きを気にする。

心遣い:心配り:思いやりの心。

心に添う:自分の心をお客様の心に合わせる。

日本のサービスの世界では、「気配り」まで出来る人は多くいますが、「気働き」以上のサービスが出来る人はまだ少ないようです。

また、「心に添う」接待が、「おもてなしの心」の究極と思います。

「おもてなし」というと10年以上前に出版された「おこしやす」という本を思い出します。

京都老舗旅館「柊家」で60年中居をしていた田口八重さんが書いた本です。

機会があったら読まれるといいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる