中国杭州

昨夜遅くに中国杭州から帰ってきました。

4泊5日の旅行でしたが、多くの思い出と感動を味わいました。

特にJAL職員のもてなしと、「稲盛和夫経営哲学杭州報告会」で発表した中国経営者の思いの高さに感動しました。

少し整理してから紹介したいと思います。


杭州は中国南宋の時代に臨安府と言われる都が置かれ、その頃は中国芸術の最盛期だったと言われます。

水滸伝の舞台でもありました。

物語に登場する宋義士「武松」の墓も西湖のほとりにあります。

私達が宿泊したホテルはその西湖のほとりにあります。

西湖はいつも霞にかすんでいます。

その風景を描いたのが墨絵の始まりともいわれています。

確かに霞にかすんだ山々や木々は白黒の世界そのものでした。

この霞はスモッグとは違うようです。

また、西湖は物語「白蛇伝」の舞台となったところです。

流石中国!

色々なところに歴史があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる