会社と社員

昨日午後から運転免許の更新のため警察に行って来ました。

待つ間に「今回で何回目の更新手続きだろうか?」とか「次回は70歳。もう車の運転はやめようか」など考えていました。

私が運転免許を取ったのは、銀行に入行して2年程経ってからです。

当時私は車の免許は取らないという考えだったのですが、上司からの命令で強制的に運転教習所に行かされました。

その経費は全て銀行持ち。

それで仕方がなく取ったのです。

改めて考えてみると、銀行は当時、色々な面で行員を金銭的に補助してくれていました。

個人が勉強する講座の費用も全額銀行持ち。

またその他に住宅手当、家族手当、燃料手当などもありました。

私は当時3人子供がいましたので、家族手当は多かったはずです。

燃料手当は当時で18万円くらいもらっていたように思います。

今の世間の会社では考えられないような「厚遇」でした。

当時は終身雇用製が当たり前であり、社員に対しても家族主義的な風潮があったのでしょう。

今となればそんな会社と社員の関係が懐かしく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる