「諦める」について

昨日ある本を読んで「成る程!」と思ったことです。

人は何かを決める時、迷って1つに決めることが出来ないということよくあります。

それは「諦(あきら)める」ことが出来ないからです。

そして「決めれない」のは「情」に流されるために起こることがほとんどです。

「智に働けば角が立つ、情に棹させば流される」という言葉があります。

「智に働いて角が立つこと」を恐れてしまうと決断出来ないのです。


決めるということは何かを諦めることです。

「諦める」は「明(あき)らめる」なのです。

ものごとを明らかにする。

道理に基づいて考えれば明らかになるのです。

結果、他を捨てて1つに決めることが出来ます。

「理屈ではそうだが・・」という言葉は判断を曇らせます。

「諦める」は「明らめる」こと。

これは組織のトップに立つ人の大切な心構えだと考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる