目的と手段

人は自分の夢や目的を立て進んでいきます。

生きがいをその夢に託して努力しています。

ところがある切っ掛けがあって、その自分の夢や目的を他の人の為に止める。

他の人の目的の為に自分の夢を「手段」に変える。

そんな話を先日、稲盛和夫さんのDVD見ていて気付きました。


京セラが創業した当初の目的は「稲盛和夫の技術を世界に問う」というモノでした。

ところが創業間もない頃、入社したばかりの若者達が、待遇の改善や将来の保証を求めてきました。

何日もかかって彼らを説得した後、稲盛さんは会社を創業した事を少し後悔しました。

しかしそれでも「これからは社員の為に会社を発展させなければならない」と思い直したのです。

その時に作ったのが京セラの経営理念です。

「全従業員の物心両面の幸福を追求する」

それまでの会社の目的であった「稲盛和夫の技術を世界に問う」は無くなりました。

稲盛和夫の技術は新しい経営理念の「全従業員の物心両面の幸福を追求する」為の「手段」になったのです。

「今までの目的」を捨て、それを「手段」に変える事は難しいです。

それは「自我を捨て去り、利他に生きる」そのもののように思います。

私にはなかなか出来ません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる