私は若い頃、自分の事を「僕」と言っていました。

それが今のように「私」と言うようになったのは何時頃か定かではありません。

ただ、若い頃「僕は」とか「僕の」と、いつも「僕」という言葉を使っていたので、しまいに「僕ちゃん」と言われた事もありました。

昨日読んだ本の中に、この「僕」という言葉に関して興味ある事が書かれていました。

日本で初めて自分のことを「僕」を使ったのは幕末の偉人吉田松陰だそうです。

中国の「漢書」の中にその言葉が書かれています。

吉田松陰はその「漢書」を読み影響を受けたようです。

昔から「漢書」は日本でも読まれていました。

なので「僕」という字は日本でも以前から知られたいました。

ただ、それまでは「僕」を「やつがれ」読んだそうです。

へりくだった自称です。

その「僕」を吉田松陰が初めて「ぼく」として使いました。

謙称として使ったようです。

吉田松陰が使い出したので、吉田松陰が主宰していた松下村塾の塾生達も使い始めたそうです。

あの高杉晋作も使っていたようです。

現在も謙称として使えばいいのでしょうが、今使うと単なる「甘えん坊」に思われてしまう。

時代が違うのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる