めっこ飯

昨日、2〜3ヵ月前にオープンした食堂に行って来ました。

ランチには少し早いですが11時半くらいに行き「野菜エキスたっぷりの牛すじビーフカレー」600円を注文。

カレーは10分程で出てきました。

まずは私が開いているホームページ「琴似観光協会」の「琴似のランチ」のページに載せるべく、写真を撮り、早速食べました。

その時「何!固い!」

ご飯が固いのです。

初めは写真を撮っている内にご飯が乾いてしまったかな?と思ったのですが、中も固い。

それでも「ここはカレー用に固めのライスを用意しているかな」と思いつつ食べました。

が、固くて1口食べるのに時間がかかること。

とうとう店員さんを呼んで「このご飯固くない?」とそのご飯を渡して聞きました。

暫くすると店長さんらしき女性が出てきて「申し訳ありません。ご飯の炊き方間違えました」と平謝。

「お代は結構です」とか「飲物をサービスします」と申し出がありましたが、丁重にお断りし、食べ残したまま600円払い出てきました。

実は私も若い頃、ホテル内の和食堂の店長をしていた時、同じようなことを起こしました。

お客様に固い「めっこ飯」を出してしまい、怒られた経験があります。

この店と私の和食堂が同じ「めっこ飯」を出したのには共通点があります。

それは開業してから2〜3ヵ月経っていた時に起きているのです。

店のオープン時は気を入れて仕事をしますが、少し慣れてくると気が緩みます。

そのような時に起こしています。

オープンして2〜3ヵ月の頃は、経営者・管理者が特に気をつけなければならない時期です。


それにしても、私以外のお客様はどうしたのでしょうか?

この食堂には私が最初に入り、後に10人くらいのお客さんが入店していました。

そのお客様のご飯どうしたのでしょうか?

チョット心配です。

この店、気になりますので、後日また行ってきます。

*参考:「めっこ飯」は北海道の方言で固くて芯があるようなご飯のことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる