毛糸巻き

札幌は今週、雪の予想が出ています。

手袋も欲しくなってくる季節です。

小さい頃、母は毎年手袋を編んでくれました。

編んでくれるのですが、毛糸なのですぐ穴が開きます。

それをまた繕ってくれながら一冬使います。


この手袋を編む前には毛糸巻きの作業があります。

当時、毛糸は大きな輪になったものが撚られて売られていました。

手袋を編む前、それを毛糸玉にしなければなりません。

その作業は2人掛かりです。

1人が大きく輪になった毛糸に両手を通し、もう1人がその毛糸を取り出して毛糸玉を作っていきます。

我が家ではこの役目がなぜか何時も私でした。

長い間母も前に座らされ、突き出した手もだるくなります。

そんな時は仕方がなく母と色々な話をすることになります。

普段は面と向かって母と話をすることなどありません。

何を話したか覚えていませんが、今の季節は懐かしくなります。

童謡の「母さん」にある「かあさんは 夜なべをして 手ぶくろ編んでくれた♫」の歌詞のところを歌うと少しウルッとしてしまいます。


母との毛糸巻き。

私と同じような思い出がある人は多いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる