サービス業の価格

商売をする時、製造業は製品を作って売ります。

販売会社は商品を仕入れて売ります。

どちらの商売も現物があります。

現物があるから価格は決めやすいのです。

ところが現物がないサービス業は価格決めが難しいものです。

またどこまでが無料で、どこからが有料なのかの線引きもしづらい。

客寄せのためと思い、ついついお金をいただくべきところまでサービスしてしまう。

元来サービスの意味には無料と言う意味はありませんが、日本では「それくらいサービスしろよ!」と言われるように無料という意味があります。

でもそれでは売上に結びつきません。


弁護士や司法書士などの「士業」の人達は協会などで価格の取り決めがあり、価格提示しやすいです。

しかしそれ以外のサービス業は自分で決めなければなりません。

そしれ「価格」と「有料・無料の境目」は最低、自分で決めなければダメです。

「価格」は高めに設定するべき。

「価格」は下げることは出来ても、簡単に上げることは出来ません。

「有料・無料の境界線」を決めるにはまず、自分のサービスのキーポイントは何かを明確にすることです。

商品価値のあるそのキーポイントとなるサービスに導くために、導入部分でどこまで無料で教えるか、その範囲を決めます。

それともう1つ、常にブロクでもFacebookでも、何かを発信して自分を売り、その仕事では一目置かれる存在にすることです。

自分が一段上になってお客様と話を進めると、設定されたサービス内容にも納得していただけます。

先生と言われる立場になるのです。

お金を払うべきと思わせること。

稲盛和夫さんが言う「値決めは経営」

その通りです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる