投票率

今朝の新聞に衆院議員選挙の結果が一面に掲載されていました。

ここではその結果については語りません。

ただ、投票率が56.98%というのが残念です。

前回平成24年に行われた衆院議員選挙では59.32%でした。

今回の投票の年代別内訳はまだ出ていません。

平成24年の選挙の内訳は20代37.89%、30代50.10%。

それに比べ50代58.62%、60代74.91%と高くなっています。

若い人、特に20代の投票率が低くなっています。

投票権の獲得には、日本でも過去多くの人の苦労の結果得てきました。

それなのにこの低い投票率。

外国では選挙権・投票権が無い国が数多くあります。

それを得る為に戦っています。


一方、先進国といわれる国では18歳成人、そして投票権を認めている国もあります。

日本でも18歳から投票権を認めようとしています。

しかし世間では、このように低い投票率では、投票権を18歳に認めてもどれほどの若者が選挙に行くのかという思いもあります。

ここで大事なのは教育です。

18歳となると学校教育の中で身近な自分の権利として、また選挙の大切さを教えることが出来ます。

それにより、大人としての自覚を持たせることができるかもしれません。


今のままでは若者の選挙離れが益々ひどくなっていきそうです。

何か手を打つべきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる