お客様を断る時

昨日の日曜日、妻と二人であるレストランに行って来ました。

そのレストランは私の会社の関連会社が先月の中旬にオープンしたイタリアンの店です。

最寄りの地下鉄の駅から吹雪の中歩いて約20分、やっと着きました。

お昼の12時少し前に到着し、お店に入ると「予約で一杯です」とのこと。

あらかじめ予約しようかと思っていたのですが、天候は吹雪なのでだ「丈夫かな?」と思った私が甘かったです。

仕方がないので「分かりました」と言って店を出たのですが、何か引っかかりました。

店の応対です。

私と応対した女性は「予約されてますか?」と聞いたので、「していません」と私が言うと、後ろを振り返って責任者らしい人に顔を向けました。

そうするとその男性は、黙って首を横に振りました。

そして女性が「予約で一杯です」と言ったのです。

私が引っかかったのはその男性の様子です。

その時、男性が「折角お出でいただいたのに申し訳ございません。あいにく今日は満席になっております。

どうぞこれに懲りずまたお出で下さい。

宜しければご予約いただければお席をご用意致します」と言ってくれれば、「今度予約してから必ず来ますね。」と言えたはずです。

聞くところによると、そのレストランは連日満席のようです。

いい事です。

きっと魅力的なところなのでしょう。

ただ私の経験から言えば、満席でお客様を断る時こそ注意しなければなりません。


ディズニーランドは人事採用の時、採用に落ち、ディズニーランドのスタッフになれないと決まった人に対しては、その時点でお客様としての対応に切り替えるそうです。

不採用になったという事で悪い評判を起こさせない為に、1人のお客様として丁寧な対応をするそうです。


レストランと言えどサービス業。

「おもてなしの心」が大切です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる