新入社員

昨日は4月1日ということで、街には新入社員らしき人が多くいました。

新入社員にとって会社の人は皆偉い人のように見えることでしょう。

テレビのニュースを見ていると、会社側も新人にいかに早く溶け込んでもらおうと工夫を凝らすところもあるようです。

迎い入れる会社側としては、新人に早く溶け込んでもらうとともに、戦力として活躍してもらわなければなりません。

会社によっては現場に入る前に社員教育して育てる会社もあれば、すぐ現場に放り込んで育てる会社もあります。

その時、新人に直接接する人が重要です。

仕事ができる人を担当にすることがありますが、仕事が有能であることも大切ですがやはり人格でしょう。

大切なのは仕事の「方法」を教えるより、仕事に対する「心構え」であり「考え方」です。

そしてそれをその担当者が身に付けていることがポイントです。


一般社員は毎日の仕事に追われています。

社員の仕事を見て「習わせる」のはいいですが、「育てる」まではいきません

小さな会社ではそれはトップの仕事かもしれません。

社長が一定期間、新人を側に置いて行動を共にします。

仕事に対する考え方を行動で見せます。

それにより仕事の厳しさと喜びを教える。

社長の側で仕事を見ることにより、新人は仕事への考え方を身に付けるとともに、自分は大事にされていると実感します

そうすれば、社長への尊敬と、会社への愛着が生まれます。

簡単に会社を辞めなくなります。

だからこそ社長は「自分磨き」が大切なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる