何もしない

今、日本経済が少し上向いて、企業業績も順調に推移してきた会社も増えてきたようです。

この間までは売上が上がらず利益も出ない。

苦しんでいた会社も多かったはずです。

ところが特別何かをしたわけではないけれど経営が良くなってみると、今までのやり方でもいいのだという思いに陥ることがあります。

経営者は往々にして過去の成功体験に寄り掛かりがちです。

「累積経験量」という経験の多さを誇るのです。

たまたま経営環境が良くなっただけであるのに自分の力だと思い込んでしまう。

そして経営が順調になるとますますやり方を変えようとしません。

しかしきっと将来にはまた環境が変動し、経営変革を迫れることになります。

そのため経営が回復した今こそ、次の変革時に備えて会社組織の見直し、新規事業の開発に手をつけなければなりません。

それが分かっていても、実行しない経営者のいかに多いことか。


ドラッカーはマーケティングとイノベーションの重要性を唱えました。

マーケティングは「買ってもらうにはどうするか」

イノベーションは「変化しないと死んでしまうので、自ずと変化していかなければならない」ということです。

今は経営者の自己変革の時です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる