難問を分割せよ

「我思う、故に我あり」

これはデカルトの言葉です。

今朝の新聞に掲載されていました。

全てに疑いの目で臨んだが、疑う自分の存在だけは疑いようがない。

そのような意味です。


「難問は分割せよ」

これもデカルトの言葉です。

「難しいことは細かく見ていくと大事なポイントが見えてくる」という意味です。


「利益が出ない」

そうすると「売上を上げろ!経費を少なくしろ!」となります。

でも社長が闇雲にいくら叱咤激励してもダメです。

その原因を細かく分析して、その対策を示さなければなりません。

そして分析の結果、単に「売上を上げろ!」と言うのでなく、「◯◯を△△に売り込め!」とか、

「仕入れ先を変えて仕入れ価格を⬜︎⬜︎まで下げろ!」と細かく指示をする。

そうすることで重要なポイントを押さえた行動が出来、その上、会社の力が集中出来ます。

「難問は分割せよ!」

経営に生かせる言葉です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる