不良品を流す

ある会社の工場でわざわざ不良品を流しているというのを雑誌の記事で読んだことがります。

なぜそのようなことをするかというと、不良品のチェック体制を確認するためです。

これは社員を信用していないのかという感情論もあるでしょう。

しかし、どんなしっかりしたチェック体制を作っても、チェックするのは人間。

いくら人間性が優れている人でも時としてミスをします。

でも「人間だからミスも仕方がない」ではすみません。

ちょっとしたミスで会社が消滅してしまうことがあります。


不良品を流し、それ見逃した場合、何が原因だったのか。

改良の余地はどこにあるのか。

それがわかります。

「人は信用しても、その仕事は信用しない」

これが品質管理には必要なことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる