愛読書

ネットを見ていると、高校生の就職に関しての話が出ていました。

滋賀県の教育委員会が「就職試験を受けた高校生が、面接で不適正な質問を受けていたケースが73社で82件あった」と発表しました。

不適正な質問の中には、「愛読書」や「尊敬する人」を聞くことも入っているというのを見て、私は驚きました。

厚生労働省の指針により、面接の時は憲法で自由が保障されている事柄の質問は不適正とされているというのです。

そのため、「愛読書」や「尊敬する人」を聞くと「就職差別」に当たるという見解です。

採用する側にとって、その人を知るためには何に興味を持って、どのような考え方をしているかを知らねばなりません。

それに関する質問が「就職差別」と言われれば何を質問すればいいのか。

疑問です。

労務問題に詳しい弁護士によると、この指針は厚労省の解釈に過ぎないということです。

法的強制力はありません。

最高裁の判断は「労働者の思想、信条を調査し、そのためその者からこれに関連する事項について申告を求めることも、これを法律上禁止された違法行為とすべき理由はない」とされています。

「『愛読書』や『尊敬する人』を聞いても法律違反になることはない」ということです。

それにしても厚生労働省の指針に対しては何か釈然としない思いがあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる