粗利益率

利益率の話です。

稲盛和夫さんは経常利益率10%は確保しなさいと言います。

しかし、それに伴って粗利益率を◯◯にしなさいとは言っていません。


概して経営者は全ての利益率が高い方がいいと思いがちです。

もちろんいいに越したことはありません。

しかし粗利益率が高いということは、売上高の増減に大きく影響を受けます。

一例です。

売上高100万円で10%の粗利益率だと粗利益は10万円です。

50%と高い粗利益率だと50万円です。

ところが売上が10%下がり、90万円になったらどうなるでしょう。

10%の粗利益率の場合は1万円の粗利益減です。

一方、50%の粗利益率の場合は5万円の粗利益減です。

売上が10%減しただけで5万円の粗利益減少です。

また50%の粗利益を出す会社は概して人件費などの固定費も高く設定されています。

そのため損益分岐点が高くなっています。

下手をすれば、これはすぐに経常利益に影響して赤字に転落ということもあります。

粗利益率ばかりに目が行ってしますと、経営を危うくする。

そんなこともあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる