置き薬

昨夜の勉強会で、「置き薬」会社の社長の話を聞きました。

置き薬は配置薬とも言われ、室町時代からある日本独特の販売方法です。

年配の人はよくご存知でしょう。

その仕組みは薬の販売員が家庭を訪問し、薬の入っている配置箱を置き、定期的に回って使った分の薬代をいただく。

「先用後利」という考え方です。

お互い信用があって成り立つ商売です。

日本だから成り立つ商売と言えましょう。


その置き薬の販売員は1人で約1000軒ほどのお得意先を持っています。

社長の話では、1軒あたりの薬の売上は1回1500円程度に過ぎません。

そのため、売上増を図るため健康食品や日常雑貨も一緒にセールスしているそうです。

確かに家庭の中まで入れる商売はメリットが高い。


我が家に定期的に来るクリーニング屋さんも、クリーニングの他に、米や加工食品などのチラシを置いていきます。

妻は定期的に米やレトルトカレーなどを買っているようです。

これも家庭に入り込んでいる仕事だからこそできる商売です。


漫画のサザエさんの中に出てくる三河屋さんのように、置き薬や、クリーニング、そしてダスキンなどの会社も「御用聞き商売」です。

「御用聞き商売」は高齢者家庭が増えるこれから必要になって来る商売でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる