公私混同

今日は「公私混同」について書きます。

「公私混同」の意味は「公のことと私的のことを混同する」ことです。

会社の物やお金を勝手に私することは禁じられています。

それが発覚すると懲戒ものです。


「公私混同」というとそれだけのことに思われがちです。

しかし逆のことも同様です。

例えば、会社の経費とするところを自分のお金で処理してしまうことも含まれます。

営業で使った電車代や飲食代を経費として処理するところを面倒だからといって自分のお金で済ましてしまう。

そうすると頭の中に「あの時の経費は自腹で支払いをしていた」と常に思っています。

ある日友人と食事した時、「この間、経費を自腹で支払ったから、この食事代は接待費として経費計上しよう」と思ってしまいます。

結果、私的費用なのに経費として請求します。

公私混同して、お金に対して感覚がルーズになっているのです。


社長は社員が公私混同をしないよいうに徹底しなければなりません。

しかし一方、社長自身も公私混同しないように努めなければなりません。

自分のお金を出資して会社の資本金としていると思うと、会社が自分のもののように勘違いしてしまがちです。

そのため、時として社員を私的な用事に使用したり、友人と遊んだお金を接待交際費として計上したりします。

これも公私混同です。

トップのしていることは常に社員に見られています。

社長は心しなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。

公私混同、なかなか難しいですよね。

簡単なようですが、境目がはっきりしません。

商売に関係ない、友達付き合いと思っていることがあとで商売につながったら公?

商売の為と思っていろいろな会に参加したけど全く商売にならず友達付き合いばっかりであれば私?

どこで区切りをつければよいのでしょうか?

難しいですよね。

近いうちにお邪魔したいと思っております。

No title

杉本さん、こちらこそご無沙汰しています。

公私混同の判断は自分しかありませんね。
利己心を捨てて、善悪で判断する。
稲盛さんからの教えです。
文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる