仰げば尊し

もうそろそろ2月が終わり3月です。

3月と聞いただけで、雪深い札幌にいても春を感じます。

また3月は卒業シーズン。


先日CDに入っている「仰げば尊し」を聞きました。

つい涙ぐんでしまいました。

最近の卒業式では「仰げば尊し」は歌わなくなったそうです。

歌の意味が分かりにくいとか、立身出世を煽るとの理由があるそうです。

また「我が師の恩」がおかしいという意見もあるようです。


自分の人生を振り返ってみれば、多くの人の「恩」のお陰で生きてきました。

勿論、学校の恩師も沢山います。


生きている間に、いろいろな人から教えを受け育てていただきました。

その都度「師」と思える人がいました。

自分に「師」がいるということは幸せなことです。


今の私にとっての「師」はやはり稲盛和夫さんでしょうか。

稲盛さんの教えに出会えて人生が変わったと思います。


「仰げば尊し」を聞いて、「師」を持つ幸せと大切さを改めて感じています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる