アドラー心理学

先日テレビを観ているとフリーアナンサーの 小林麻耶さんが同じ本を何回も読み、3冊がボロボロになって、今は4冊目を買って読んでいるという話がありました。

その本が「嫌われる勇気」という本です。

その題名だけで「そうだ!」と思いました。


人はいつも「いい人」でいなければならないという錯覚のもと、自分の心を偽ってしまう。

そうすると、辛くなり心が萎えてきます。

私がそうでした。

「いい人」でいるに疲れ、ある時から「私は馬鹿でーす」と思うようにしました。

「するは自分の責任!評価は人の勝手!」と思うようにしました。

人からの評価はどうでもいい。

人からどう思われようといい。

そう思うようにしたのです。


「嫌われる勇気」という本は、心理学者のアドラーの思想を紹介したものだそうです。

今朝の新聞コラムにその本が紹介されていました。

従来の心理学は「原因論の問い」で「私はどこから来たの?何が私に影響を与えたか?何でこんな自分になったか?」というものでした。

アドラー心理学は「目的論の問い」で「私はどこに向かっている?何のために生きている?私はどういう人間になりたいのか」を考えるのです。

この考え方は稲盛さんが常に言っている「目的・理念はなんなのか!何のために生きるのか!自分の魂を磨きなさい!」と同じことです。

アドラー心理学、今度勉強してみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる