OODA

私は先日知ったのですが、OODAループ理論と言われる意思決定理論があります。

朝鮮戦争時のアメリカの戦略から来た理論ですから、大分以前からあったようです。

従来は意思決定理論としてPDCAと言うのがありました。

PDCAは「P:計画 D:実行 C:チェック A:行動」というサイクルです。

それに対しOODAは、Oが「Observe=観察」、Oが「Orient=方向付け」、Dが「Decide=決心」、Aが「Act=実行」となります。

2つの大きな違いはOODAは観察し方向付けるとことから始まることです。

一方、PDCAは計画して実行します。

サービス業などの現場のことを考えてみます。

PDCAは、前もってお客様の行動などを予測・計画してマニュアルを作ります。

そのため時として現場でマニュアルとは違うことが起きるとサービススタッフは対応できなくなります。


OODAは観察して方向付けることが先にきます。

マニュアル優先ではなく、お客様の行動や好みなどを観察し、方向付けます。

そのため現場にあったサービスができるのです。

またOODAではスタッフ1人1人の現場能力求められます。

結果スタッフが成長できます。


これからOODAループ理論が注目されるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる