経費について

最近思うことがあります。

会社経営において、利益の根幹は、稲盛和夫さんが言われるように「売上最大。経費最小」です。


私が疑問に思うことはこの「経費最小」とは、どのようなことを言うのだろうかということです。

経費は最小にしなければなりませんが、必要な経費は使わなければなりません。

「必要な」との程度は何を基準にするのか。


電気1つとっても、ホテルなどのサービス業ではお客様利用部分の照明をケチるわけにいきません。

従業員が使うバック部門の照明を小まめに入り切りすればいいのか。

でも照明を暗くすれば気持も暗くなり、それがスタッフの気持に影響を及ぼさないのか。

工場などは照明が暗くなればミスも多くなります。


メモ用紙を節約するために、チラシの裏を利用するということもあります。

でもそれでどれだけの経費が節約されるのでしょうか。

それより、経営者がそんな小さなことに神経を使うと、大きな事業構想が生まれないということもあります。


またサービスの最前線に立つ人は、権限委譲を受けなければ現場対応が出来ません。

権限委譲の中には「使用経費」も与えなければ、臨機応変に対応出来ません。


必要経費の捉え方は、結局その経営者の考え方によるのでしょう。

視点が社員にあるのか、お客様にあるのか。

近視眼的か長期的・全体的視点を持っているのか。

必要という意味をどう取るのか。

大きく言うとその経営者の器の大きさによるのだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる