小説

先週の金曜日に知人の千葉さんが来社されました。

千葉さんは商業ディザイナーながら、北海道に関する本を書いています。

先日も「勝納川(カツナイガワ)」という本を書き上げ、持ってこられました。

千葉さんが書くのは主に明治時代の北海道を舞台にし、史実に基づいた小説。


この「勝納川」という本は、明治元年に穂足内(ヲタルナイ)で起きた騒動を描いています。

この穂足内は現在の小樽にあり、この近くの銭函と同様にニシン漁で栄えた漁村でした。

当時はこの海岸線に多くの人が住みついており、まだ小樽も札幌もほとんど人が住んでいない時代です。


穂足内には役所があり、その近くの漁村や町を管理していました。

小説ではその穂足内役所を総勢600名が襲撃した俗に言う「穂足内騒動」と言われた騒動とその顛末を中心に書かれています。

題名の勝納川は穂足内を流れる川で、首謀者達4人が晒し首にされた場所です。

北海道で最初で最後の晒し首だったそうです。


千葉さんはこの「勝納川」以前にも「明治臨界」という小説も書いています。

これも史実を調べ、明治の頃の札幌・小樽の出来事、「札幌大火」「屯田兵と日清戦争」「遊郭」などが小説風に書かれています。


千葉さんは私より年上の70歳と少し。

本を書くために、図書館や資料館に足をはこび、現場にも出向きます。

ライフワークとして明治時代の北海道を書き続けています。

それが元気の元なのでしょう。

千葉さんの本、これからも楽しみです。

勝納川
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる