カップの取っ手

今朝コーヒを飲んでいる時に思ったことです。

取るに足りないことなのですが。


西洋から入ってきたカップには取っ手が付いています。

同じ器でも日本の器には取っ手が付いていません。

なぜだろう?


取っ手が付いている方が片手で持つことが出来、持ちやすいです。

持ちやすいのであれば、なぜ日本の器には取ってを付けなかったのだろうかと考えました。


器に入っているものは飲み物であり食べ物です。

日本人にとっては、口にする物が入った器を両手で持つことが重要だったのではないでしょうか。

感謝の気持ちを込めて「いただきます」の意味があったのかもしれません。


本当にそう意味だったのか分かりません。

私の理屈です。

でも私はそう思うことにしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる